サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯3次予選 対オマーン戦 

 対オマーン戦は完勝だった。岡田ニッポンだけでなくオシム時代も含めて、一番、楽しく面白いゲームだった。結果だけでなく、ゲーム内容も采配も合格点で良い。

 ゲーム直前のオマーンは随分気合いが入っていたようだ。
ピッチ上で円陣を組み鼓舞しあってたけども、双眼鏡で見たら一人一人の顔の表情が締まって戦闘モードに入っていたのがはっきり分かった。確かに、オマーンはあまり情報がないから不気味なイメージはあったので、どうなるかなと思ったが、中沢のボンバーヘッド一発で、あっさり日本のペースに持ち込んだのは素晴らしかった。あれで完全に日本の流れになった、それにして豪快なゴールだった。
あの開始10分の一発で、勝負は決まったようなものだ。

しかも勝負が決まってから、新人の香川を交代出場させるとは思い切った采配だけども、親善試合だけでなく公式戦で起用された香川は良い経験を積んだ事になる。
≪原石は磨かなければダメ≫だから、この起用法は岡田を高く評価したい。

 問題点を挙げれば、このサッカーが90分間続くかどうかで、パラグアイ戦でも前後半では別のチームになってしまったように、スタミナと配分が課題になる。

それと松井はトリッキーで以外性があるけども、中盤で早くはたけば良いのに、持ってこねくり回したり、個人技で抜きに掛って、チームのリズムを崩してたのが4~5回あったけど、あれをゴール前でやれたら、アジアのレベルでは止まらないんじゃないか。だから松井は、もっとやれるし、ベストの時にはどうなるのかという楽しみが出てきた。

それにしても「俊輔」と「松井」は本当に自信を持ってやってたように見えるが、海外での実績がその根底にあるのだと思う。何か「満を持して代表の公式戦に登場」という雰囲気が漂ってきたが、このメンバーならば、ちょっと見逃せないから出来る限りスタジアムに足を運んだ方良い。

FWとMFは全員、高い技術とファンタスティクな才能のある選手ばかりだったのに気がつく。これだけ揃うとこういうレベルのサッカーが出来るというわけだ。しかも俊輔も大久保もベストコンディションとは、ほど遠い状態だったのを思うと、チーム状態はもっと進歩する可能性が高い。

この調子ならば、もうバーレーン戦の二の舞はないだろうし、残りの3戦も全勝出来ると思う。


◆・追記

長沼健さんが亡くなったニュースは本当に驚いたしガッカリした。加茂監督解任騒動で悪い印象を持っている人も居ると思うが、日本サッカーの最大の功労者だった。義理人情に厚く責任感の強い人で、川淵会長と比べたら「引き際」も心得ていたし、自らの発言に無責任な対応もしなかった。

自分のような存在の人間とも、毎年、年賀状のやりとりをしてくださった人間味溢れる人で、本当に残念だ。まだ77歳で逝ってしまうとは----------合掌

と言うわけで、昨日は喜びと悲しみが半々でした。



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/390-470d0404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。