サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯3次予選・アウェイの対オマーン戦(6月7日)について

 7日のアウェイの対オマーン戦は勝てたゲームだったのに残念な結果だった。アウェイで過酷な環境の中で先制されたのだから、負けないで引き分けて勝ち点1を獲得したのだから良しとするのも、一つの考え方だけれども、あの内容だったら勝たなければいけないだろう。

ゲーム前のオマーン協会の頭のイカレタ野郎(専務理事だとさ)の、岡田監督が会見に出ないから勝ち点はく奪云々等は、いくら対戦相手に揺さぶりを掛ける目的とはいえ正気の沙汰ではない。勝つためには姑息な手段も行う連中なんだと判ったと思うから、こいつらには相応に対応するべきだ。

 あの暑さと湿気の中で、後半は完全に日本ペースで戦い、気候に慣れてる筈のオマーンの方がスタミナ切れを起こして足がつったり、動きが止まった選手が多かったのが印象的だった。不利なはずの日本の方がチャンスの数も圧倒的に多く、いつ2点目が決まるかという流れになったのだから、こういう時に勝っておけば、中東勢に対して、【倦怠感や絶望感】を与えて、今後の予選でも日本と同グループに入るのを嫌がるような雰囲気に持っていく心理的効果があったのだ。

 だから「大久保」の退場は非常に痛かった。
何故あの程度の接触でGKを蹴るのか?
≪「キン●マ≫(本人は急所ではなく、キン●マと発言してるんじゃないのかな?一部のスポーツ紙には、そのような発言で記事を書いてあったけど)を蹴られてカッとなった気持はよく判るが、それならば、そこで審判に≪キン●マを蹴られた≫とアッピールするべきだった。

 「やられたらやり返す」と言うのが、サッカーの場合は正当な行為にはならないし、ましてやあのシチュエーションでは、接触しそうになったらFWの方が避けるのが普通の行動なのだから、大久保に弁解の余地は無く、極めて悪質な行為と断定されてしまう。いずれにせよ、大久保のとった行動は最悪のパターンだったが、25歳ならば人間としてではなくサッカー選手として、ゲーム中には分別のある行動をとるようにしなければ困る。

 両チームともバテテいた中で、どうして岡田はメンバーチェンジしないのかという疑問を感じた人も居ただろうが、岡田の言うとおり、あれで交代枠の使い方が難しくなってしまったのは事実だと思う。逆にいえば、今後は主力選手が退場になった際の展開も想定しておくべきではなかろうか。

もしオマーンのPKが決まっていたら負けてた等とアホな事を言ってはいけない。あのPKは主審によっては、あるいはホームでなければ獲らない可能性が高いし、楢崎がキッカーのコースを読んで正々堂々と止めたもので、奇跡や好運で止めたんじゃないのだから、【決まらなかった】時点で蒸し返すのはおかしい。それならば78分に玉田が倒された方こそ、完全にPKだった事にも触れるべきだろう。


 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/392-a7736551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。