サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Uー23日本対カメルーン

 昨日の対カメルーン戦では、U-23代表は中々良いゲームをしたと思う。ただしカメルーンとの相対的な比較での評価じゃないし、このゲームはあくまでも親善試合だという事を忘れないように。

まずカメルーンU-23代表なんだけども、アフリカ予選を見てないので、このゲームに臨むチーム状態やベストの時と比べてどうなのかという比較が出来ない。例えば、ベストの時を10としたら、この日本戦はいくつだったのか?

そういう難しい状況ではあるが、反町ニッポンの出来は予想以上に良かった。チームとして一つになるつつある。、何をやりたいか、どういうサッカーをするかというコンセプトが確立している。ポジション毎に見ていくと、
 GK西川は文句なしで合格。DF陣には驚かされた。それはフィジカルと一対一の強さだ。吉田の強さは特筆もので、ボディコンタクトと球際も強さを活かして相手を潰すだけではなく、ボール奪取能力も高いのは素晴らしい。五輪終了後にはA代表に選んでも良いんじゃないか。
 左サイドの森重も強くて安定しているから好感が持てる。いろんなポジションが出来るそうだけど、これから経験を積めば良いDFになるだろうから将来のA代表の戦力になる。とにかくDF陣には、カメルーンとの身体能力の差をあまり感じなかったのが大きな収穫だった。

DFは過去のU-23代表の中でこのチームが一番優秀なメンバーが揃っていると思う。「高さ」「一対一の強さ」「速さ」と揃っていたチームは無い。課題を指摘すれば、球出しが良くないみたいだ。特にCBの2人。さらに「伊野波」と「青山」が控えに居るなんて豪華な顔ぶれだ。

 MFも素晴らしい。本田圭は、まだちょっと周囲と合わない時があるけども、一緒にプレーしていけばクリアーできると期待したい。梅崎は攻撃のリーダーシップを取れる力量がある。
梶山・谷口・本田拓のトリオは守備面では強力なバリアーみたいで、随分、相手の芽を摘んでいた。これら、DF・MFは「トゥーロン国際大会」の経験を積んで、一段レベルアップしたように見える。

 大問題はFWだ。見たとおり、点が取れそうな気がしない。考えると頭が痛くなってくるから考えたくないほどだ。 

 ボールキープ率が高くて、ゲームを支配しているようで、DFとMFが頑張っても、最後に息切れして失点して借敗というパターンが見えて来そうなチーム。それがこのU-23代表だ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/394-9636d4c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。