サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯3次予選・タイ戦(アウエイ)

やっとW杯3次予選「対タイ戦」のビデオを見る事が出来た。

結論から先に言ってしまうと「日本がゲーム運びに関してレベルアップした」1戦だったと位置づけたいと思う。マスコミや評論家の間では、このゲーム内容の評価は賛否両論があるようだが、自分なりの考えを言わせてもらうと、タイ戦だけを見て論ずるのは早急すぎるのではないかという事。

 この時期の一連の予選をトータルで見て評価すれば、また違った見方が出来ると思う。
まず横浜で「オマーン」とのホームゲームを終えて、すぐに遠征して酷暑のオマーンでゲームを行い、そのままタイに入って、高温多湿の中で戦う。
 これが今回のスケジュールだけども、アウエイの2連戦は、選手には心身ともに相当な負担となった可能性が考えられる。「オマーン戦」では後半に入って有利なはずのオマーンの方が足が止まったのが印象的で、日本はセットプレー以外でもチャンスを作れていた。オマーンは日本の気候に順応するために、韓国で合宿を張り、来日したのを覚えていると思う。それが災いして地元では日本よりも先にバテたとは考えられないか。日本選手のメンタルの強さという要因があったにせよ、両チームのコンディショニングの差が出たと思う。

 日本は絶対に勝たなければならないというプレッシャーの中で、結果を出した後で「タイ戦を迎えた」わけで、オマーン遠征の疲労蓄積の為に、後半にバテバテだったのは、ある意味、当然の結果ともいえる。ましてや歴史的に、ホームにおけるタイの強さは尋常ではないのだから、押し込まれるシーンがあっても当たり前ではないか。

 そういう状況を考慮すれば、日本は過去なアウエイの遠での2戦目の大戦の前半にセットプレーで得点をあげて逃げ切るというゲーム運びは正当な戦術として評価されねばならない。実際に日本のセットプレーはアジアの低身長の国に対しては有効なのだから、それを武器にして得点して何が悪いと開き直るべきである。

 前半、地元のタイに与えたチャンスはゼロでセッとプレーからでしか特点出来ないというけども、前半は全くチャンスを与えてないんですよ。確かにオーバーペースだったと思うが、強いチームの戦い方が出来るというのが判った1戦でもあった。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/396-623f0ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。