サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南ア大会アジア最終予選組分け発表

2010年南ア大会のアジア最終予選の組分けと日程が決まったが、結論から先に言ってしまえば、
悪くはない組み合わせだと思う、スケジュール的にはかなりハードなのが気になるが、それを乗り越えるしかない。

 毎回の事だが、悲観的に観るか、楽観的に観るかで、分析も評価もまるで正反対になってしまうのだが、日刊スポーツのセルジオ越後のようになってしまうと、辛口を通り越してマイナス志向の自虐的な意見の押し売りになってしまう。

 まずA組とB組の顔ぶれを見れば、誰もがB組に入らないで良かったと思うだろう。つまり組分けの時点で、【日本にはツキがある】と言えるのだ。B組を見ると、最近のW杯常連の、イラン、サウジ、韓国のうち一つはプレーオフに回る運命にある。なおかつ北朝鮮・UAEの奮闘次第では、予選敗退になるのだから、まさに死の組といえよう。

A組だが、過去の対戦成績を参考にして分析したり、予想を立てるメディアが多いが、その時々で条件や環境が異なるので、本当に参考程度で良い。なぜならば、これもまた、悲観的にみるか楽観的にみるかで分析結果が大きく異なるからだ。

A組で良かったと思う反面、少し不気味な感じや不安感を持たれる要因は、例えば「イラン」「サウジ」「韓国「北朝鮮」等は、名前を聞いただけで、どういうサッカーや試合運びをするのかというイメージが湧いてくるが、カタールやウズベキスタンと聞くと、ちょっとなじみが薄い事にある。

今回の組み合わせの感想に関しては長くなりそうなのと、後日の参考資料の役割も果たしたいので、姉妹サイトの「サッカーこそわが命」の方で、久しぶりに「正論」コーナーを復活させて論じたいので、これから書き上げたい。今日中には間に合うでしょう。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/399-7701e1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。