サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー協会理事会の人事に関して

 日本協会の新しい体制が決まった。

小倉副会長の次に有力と言われていた大仁が会長に就任するという
最悪の選択を逃れたのが、もっとも高く評価される点である。

 次に高く評価される点は「キャプテン」という珍妙・不可解な笑止千万の
ニックネームを引き継がなかった事か。
≪正確には川淵が手放したくなかったのだろう≫
 
 川淵三郎「元大尉」の独裁に批判的だった野村理事に続き、釜本理事が
粛清されたので判るように、川淵色が出た人事だった。
 マスコミは「平尾」「伊達」二人の他競技からの理事抜擢を好意的に扱う
報道に力点を置いているが、釜本粛清の追及の方に、はるかに大きな意義が
あるのに、これでは次の2年間もマスコミには期待できない。

 推薦委員会や理事会の投票による選任など、所詮、お飾り、体裁を繕うだけで、
全く無意味だという事も充分に判った。委員会も理事会も得票数も判らず、
不透明の状態は変わらない。理事の間で信任の厚い綾部先生は何故、
理事以上の立場になれないのか?

 Jリーグ専務理事が決まらずに、しばらく席が空白の状態になるというが、一部報道
では、川淵が粛清した「森健さん」の実弟「森考慈」の名前が挙がっていたのに、実現
叱ったのは、何か都合の悪い事があったと思わざるを得ない。Jリーグの専務理事の
席が空白とは、明らかに奇妙だ。

犬飼新会長が、自分のJリーグ専務理事の後任候補に誰も指名せずに部署を離れて
知らん顔というような人物とは信じられない。これは犬飼会長と川淵の間で調整が
つかなかった事を意味しているのではないか。

副会長から昇格するという慣例が破られた事で、犬飼会長以降の人事も、同様の
人事を行いやすくなったという事。
川淵が提示した会長選定5つの条件を「田嶋専務理事」は現段階で満たしてない
事も明白だが、これは今回だけの特例なのか、今後も継続するのかよく判らない。
もし今回だけならば、なぜなのか理由を説明して記録に残してもらいたい。

 川淵元大尉が、ライバルを粛清した結果、自分の周囲には
会長職の任期を2期続けられない「小倉」「鬼武」役不足の「大仁」
自分の思い通りに動きそうもない「釜本」しか残っていなかった為に仕方なく
白羽の矢を立てたのが「犬飼新会長」だったのではないか。
 

 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/404-90ea5873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。