サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドに引き分ける

北京五輪が開幕した。
女子の対ニュージーランド戦は本当に悔しいゲームだった。明らかに日本の方が
サッカーの質も選手個々の能力も完全に上回り勝てたゲームだったのに、
信じられないミスで不運にも引き分けてしまった。

 まずニュージーランドの1点目

近賀のスルーはただ唖然とするばかり。あの場面でスルーとはどういう判断か?
「絶対にあり得ない判断」で、テレビ放送や一部の新聞には「連係ミス」と
報じられているが、GKとDFの連係の必要という問題ではなくて、例えば、
GKが声を出さなくても、逆サイドのDFはクリアーするかストップしか、やる事は
ないんだよ。自分の後方から相手選手がつめて来るという前提でプレーするのが
セオリーで、最低限、確認するべきで、「連係」ではなく「判断」ミスだ。
判断ミスがあった原因として考えられるのは、五輪の重圧で緊張があったとしか
思えない。近賀は、その後のプレーは安定していたから、きっとそうだろう。

ニュージーランドの2点目。

 なぜ、あれがPKなのか、誠に不思議な判定だ。
その直前に坂口にイエローカードを出したが、あの時点で主審は興奮していた
のであろう。主審があの程度の事で興奮するようでは「失格」である。
ゲームコントロールが出来ない危険性があると考えた方が良い。それがCKでの
不思議な判定につながったに違いない。確かに日本のDFが押したようにも見える
が、そういう時に悪意に解釈したという事と、もし押してたとしても、あの程度で、
ファウルと判断されたら、DFはゴール前で競り合えなくなってしまう。

以上のように信じられない二つのミスで失点した以外は、完全に日本ペースで、
相手GKの神がかりのファインセーブで「大野」の決定的なSHが防がれたのが
非常に痛かった。

 完全に勝てたゲームを、あわや敗戦という状況を救ったのが「沢」と「宮間」だ。
沢はやっと五輪で得点出来たが、素晴らしいボレーSHで、これがワールドクラス
のプレーだという手本のようなゴールだった。精神的に頼りになる存在で、
ず~っと現役を続けてもらいたいくらいだ。
 
 宮間は沢の後継者になれるんじゃないか。大事なPKを任されても決めたし、
リフティングで相手を翻弄した時には天才じゃないかと思ったほどだ。
ゲーム中に緊迫した状況の中で、相手の危険な地域で、重要な場面や時間帯に
あっと驚くような創造的なプレーが出来るというのは、天才の証である。
日本のファンタジスタとして、ワールドクラスの選手になりそうな予感がする。

勝ち点3を計算した相手に引き分けてしまった事で、残りの強敵のうちのどちらか
に勝たねばいけない状況になってしまったが、今日のニュージーランドを参考に
すれば、これだけ実力に差があっても引き分けに持ち込めるのだから、
日本がアメリカに勝つチャンスもあるはずだ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/410-b3ed32de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。