サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬飼会長の女子サッカー強化案に関して

 犬飼会長が女子サッカーの強化策の一環として、Jリーグ各クラブに
女子のトップチームを持つ事を提案するという。

 大変に素晴らしい構想で、基本的には自分も賛成したいが、
大きな疑問がある。それは女子のトップチームを持つと言う事は、Jクラブは
現在抱えているチームに加えて、新たに1チームを余分に保有するという事
になるのだが、その運営予算はどうするのかという点だ。

 Jリーグクラブは、J1・J2とも、緊縮財政で身の丈のあった運営をしている中
、累積赤字が解消されていない、単年度でも収支決算が苦しい状況にある。

 犬飼会長は現役引退後は、ただのサッカーバカや、指導者やマネージャーでは
なく、また、丸の内の某企業の系列の子会社の幹部にしかなれない 【小物】
 と違って、三菱の有能なビジネスマンとして欧州勤務の経験がある人だ。

先のJリーグの秋~春へのシーズンの移行制の発言でも、積雪地対策に関して、
何の解決策も提案していないが、今回の女子チーム所有の際の各クラブの運営
資金をどうするのかという裏付けとなる対策も話されていない。

 良い事や希望ならば、誰でも提案できるが、協会の会長ならば、その提案の
実効性や予算的な裏付けを伴った提案をしてもらいたい。

犬飼「会長」の前任者であられる、川淵 「元大尉」 殿は、思いつきで色々と
発言して、さらに強権を発動して実行してしまった事もあるが、その場しのぎの
思いつき発言は控えるべきだろう。

 たとえば、今、協会が取り組んでいる「こころのプロジェクト」や「グリーンカード」
等の≪偽善事業≫に使ってる予算を全部カットして、女子チーム運営に補助金を
出すなどと言う具合にすべきで「先立つ物がないと動きたくても動けないんだ」

ちなみに「夢は実現する」等と言うのは真っ赤なウソで、実際には実現しない
方が圧倒的に多いのが世の中の現実である。だから実現した人の感動と喜びは
本当に大きいし、希少価値があるんだ。

 「こころのプロジェクト」の影響で、夢は必ず実現すると信じて破れてショックと
絶望で、悲観した若者がキチガイとなり、刃物を振り回して通り魔になったら、
サッカー協会は責任を感じるのだろうか?
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/417-08328bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。