サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対バーレーン戦を考える

 W杯最終予選の初戦・アウエイの対バーレーンが迫ってきた。

岡田ニッポンは、対ウルグアイ戦で無様な内容で惨敗したのと、対流経大戦
での不甲斐ない敗戦によって評価を落としたが、ベストメンバーではなかった
し、選手起用にも問題があったから、参考にしなくても良いだろう。

 徳にウルグアイ戦は、相手が強すぎたのと、「青木」のボランチが大失敗に
終わり、阿部の左サイドバックは論外だったし、高木は経験不足を露呈した。
あのような奇妙な起用法がチームに混乱と焦りをもたらした事で、流経大戦は、
ボロボロになってしまったと思われる。

 バーレーンには、今回のゲームで勝つ事が本当のリベンジとなる。対戦成績が
日本の5勝1敗だから、圧倒的に優位にある状況は変わらない。1点差の勝利が
多いからといっても、勝ちは勝ちである。もしこれが逆の結果っだったとしたら、
マスコミは圧倒的に分が悪いとか、日本は勝負弱いと書き立てるに違いない。

 前回のアウエイの敗戦は、オシムスタイルからの脱却を焦った、岡田の戦術選択
のミスだったから、悲観したり再現を危惧する必要など全くない。
むしろ、相手のマチャラが、あの時の内容を基準にして両チームを評価し、
ゲームプランを考えてくれたら、それは日本にプラスになる。
中村俊輔・松井・長谷部・稲本・彼ら、欧州組の経験がモノをいって日本が勝つと
予想するのが常識じゃないか。

 不安要因は2つある。
一つは暑さだ。バーレーンは今が一番熱いとされているから、そういう点では初体験
という事になる。欧州組が足を引っ張られるとしたら、この点だと思う。
 二つ目は阿部の左サイドバック起用だ。誰でも判るとおり、阿部はサイドバックの選手
ではない。ウルグアイ戦の経験がどこまで生かされるか?また学習能力の高さがあるか
どうかが問われるが、たった1ゲームの経験では無理だから、日本が思わぬ敗戦を
喫するとしたら、このサイドを徹底的に突かれて崩された展開になった時だろう。

 いずれにせよ、最終予選は全勝で1位通過しないと本大会に出場出来ない
わけじゃないから、ここで、間違って負けた場合でも、お通夜になるのは負け犬
であり、最初から予選に参加する資格など無いし、サポーターの資格もない事を
強く指摘しておく。

 サウジとイランが反対サイドに回ったおかげで、楽な組になったけども、2位通過でも
全然、構わないし、最悪、プレーオフで勝ってめでたく本大会出場すれば良いだけだ。
多分、セルジオ越後の自虐悲観論と違って、他の国は日本を最大・最強の相手と
位置付けて、最終予選に臨んでくるだろうから、標的になるのは仕方がないが、
それに勝つ事で実力と自信がつくのだから、堂々と受けて立つべきである。

 算数が出来ない≪アホバカ記者や評論家連中≫は、全試合で圧勝して1位通過
しないと、W杯に出場できないと信じてるとしか思えないが、毎回、毎試合、悲観論
をバラ撒くのは止めてもらいたい。

 ただし、あまりにも悪い内容で負けた場合は、岡田更迭を実行するべきだ。
小野技術委員長も「引責辞任」ではなく、≪推薦して任命した愚行で懲戒免職≫
また、元凶である川淵「元大尉」の協会除名と出入り禁止処分も実行しなければ
ならない。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/419-85a79c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。