サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己批判したくない岡田、誤り認めず。 

 バーレーン戦の分析は【ゲーム分析ブログ】の方に詳細を書いたけど、
観てくれた人が少しでも参考になれば、それで充分。


 長谷部は日本に居た時よりもボディコンタクトに強くなったと思う。
ブンデスリーガに行って正解だった。代表には必要な存在になったし、
ここまでの起用法を見ると、岡田は「今野」が大好きで「鈴木啓太」は
あまり好みでないようだが、さらに稲本と、中田の二人がコンディション
を取り戻したら、今野が呼ばれなくなっても不思議じゃないのだが。

 ウズベキスタンへ出発した岡田のコメントは愉快だった。
スポーツ紙に掲載された、以下の部分は笑えた。

バーレーン戦を自ら検証。
終盤の2失点に関しても「コップに水を注いで2割をこぼしても残り8割を見る。
こぼれてしまった2割をどうこう言ってもしょうがない。
新しい水を今度はこぼさないようにすればいいわけで」と
独特の言い回しで評した。


 う~ん!こういう方法で自分のミスを隠すのか。

だって、こぼした2割をどうこう言ったら、それは自分の采配ミスを認めて
自己批判しなけりゃいけなくなっちゃもの。新しい水をこぼさない為には、
2割の部分を、なぜこぼしてしまったのかを究明して対策を立てるのが、
論理的な物の考え方じゃないか。

 「残り8割を見る」ってのは、守備のミスで1点取られたら2点取れば良い。
3点取られたら4点取れば良いんだ。そう言ってるのと同じだと思う。

こういうのは「独特の言い回し」じゃなくて
「苦しい言い訳」や「詭弁」で逃げたと言うのが正しい。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/422-ef246dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。