サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23歳以下の若手はナビスコカップで経験を積めば良い

 日本協会は北京五輪惨敗の理由の一つとされた五輪世代の「経験不足」対策
として、23歳以下のカップ戦などというトンチンカンな構想を持ちあげた。

五輪世代は、Jリーグでも大半がレギュラークラスの選手ではない為に、
公式戦出場の機会が少ないのもネックとなっているという分析だが、

過去、五輪代表の強化試合のためにリーグ戦を中断した事もあったが、
それと矛盾しているではないか。もっとも、今シーズンのように中断しないのが
正論で、リーグスケジュールをブツ切りにしちゃった過去が間違っている。

 カップ戦を組織しても、23歳以下の選手で行うよりも、ベテランと一緒に
ゲームを経験させた方が有効である。才能のある若手は、サテライトリーグや
ユースリーグ等でプレーさせるよりも、トップリーグで中堅やベテランと一緒に
プレーする事で、ドンドン成長していく。
周囲の味方や対戦相手もレベルの高い場所でやった方が伸び代が大きい
のは常識のはずだ。
 
同じ力かレベルが低い中でプレーしていたら、全力を出さなくても、またミスを
しても充分に通用してしまうからだ。

 そこで、パッと閃いた人も大勢いるだろう。

そう!
ナビスコカップで積極的に起用すれば良いし、Jリーグでもベテランを休養
させた方が良い時には、ドンドン使うべきだ。特にACLに出場するクラブは
ハードスケジュールだから、絶対にそうした方が良いに決まってる。

 だが、ここで最大、≪ 最凶、狂力 ≫な問題が待ち構えている。
狂気の極致とも言うべき、ベストメンバー規定だ!
Jリーグ戦でも、主力メンバーを数人外した途端に、協会やJリーグの幹部が、
キチガイのようになって激怒して猛口激を仕掛けてくる。まさに狂乱状態である。

なぜ、あんなにキチガイとしか思えないほどに激怒するのかは想像がつくはずだ。

スポンサー企業対策だ。
莫大な賞金を出してくださってる冠スポンサー
多額の宣伝・広告料を払ってくださる、Jリーグのスポンサー
法外なテレビ放映権料を払ってくださる放送局

その見返りが、J全クラブがベストメンバー起用、あるいはレギュラークラス
を起用して最高のパフォーマンスをお見せする事で、宣伝効果を上げる
からスポンサーのメリットになりますよという説明になるわけだ。

 23歳以下の若手のカップ戦を行えば、運営費、スタジアムや審判の確保、
さらなる過密スケジュール。等の負担が生じる事になる。

選手出身の最高幹部が、プロリーグの成功に味をしめたのと、
早急なリーグ参加チーム数の拡大、運営の拡張、興行的体質を優先した結果、
自分たちの後輩の体調管理や強化育成を軽視した事が要因となっている。

 浦和レッズはACLを制したが、Jリーグと天皇杯のタイトルを逃した。
それも観るも無残な内容で失足したではないか。
主力選手を適度に休養させていたら、順調にタイトルを取れていたに違いない。

ベテランと主力は休養がとれずに疲労困憊
若手は出場機会が少なくて、試合勘が鈍ってしまった。
その解決策は、今シーズン若手だけで、どこかのリーグ戦やカップ戦に出場
する事だったとは聞いていない。

協会とJリーグ最高幹部による、ナビスコカップ、ベストメンバー起用の
≪強制≫ ≪狂乱激怒≫ ≪狂気の錯乱≫ 等のツケが出るんだよ。 
皆も熟知してるように、このような愚かな状況を作った最高責任者は
「川淵元大尉」だろ。
 




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/426-e7bbafaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。