サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島サポーターの処分に関して

 柏レイソルではなく、鹿島アントラーズは、旗竿で暴打しプロサッカー選手を
負傷寸前の状態にするという事件を起こした、鹿島アントラーズサポーターに
無期限観戦禁止処分を下したという。

 この ≪サッカーを愛する仲間達には理解不可能≫ な事件に対して、
鹿島が厳正な処分を下した事に敬意を表したい。
処分内容は、ホームとアウエイの公式戦が対象になるとされているが、
永久停止ではなく、また親善試合や練習試合には出入り出来るのだから、
恩情味のある裁定だと思う。

 しかし、事件を起こしたサポーターの心情はどうなのだろうか?
アウエイゲームのゴール裏で、旗を振って応援していた程だから、熱心な
サポーターだと思うが、自分がサポートしているクラブの公式戦をスタジアム
で、直接サポート出来ない辛さを思うと、さぞかし無念に違いない。

 一緒に喜怒哀楽を共にした仲間が、ゴール裏で奮闘し、また楽しんでいる
時に、テレビやスポーツカフェでの応援観戦に甘んじなければならないのだ。

 永久ではなく無期限という事は、いつかは処分が解かれて復帰出来る
だろう。社会方奉仕活動・ボランティア・あるいは仲間たちの嘆願による
処分解除も可能と考える。

問題行動を起こした人物には、Jリーグの観戦規定基づく処分が下されるが、
再犯や何度も注意されている要注意人物や常習者に対しては、より厳しい
処分が下されねばならない。

 今後、大切なのは【事件や騒動を起こして処分を受けた事が】
≪武勇伝≫とか≪箔が付く≫等という方向に持って生かせない事だ。

 



 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/428-6fae61c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。