サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中東に貢献する?Jリーグ

 札幌の「ダビ」がカタールに移籍するのが決定的となったようだ。
しかも、さらに数人の選手にも手を伸ばしているらしい。

 以前、バレー移籍とアジア枠創設に絡んで、忠告を行ったが、
どうやらその時の懸念が現実のものとなりそうな気配が濃厚になってきた。

 来シーズンからアジア枠でアジア人を従来の外人枠から外して特例を
作るわけだが、これがどういう意味になるか推測するとだ。
中東勢から見た場合、Jリーグを通じて、アジアのトップクラスの優秀なアジア
人の見極めを行えるというメリットがある。
有能なアジア人をJリーグで育てて実績を作ってから、自国リーグに引っ張る
わけだから、無駄な投資や思考錯誤を繰り返さずに済むんだ。

【 今が食べ頃の美味しい所をゴッソリと持っていける 】

そう思ったら笑いが止まらないんじゃなかろうか。

 そして将来、欧州にならって「アジア人は何人でもOKという事になり」
それがアジア全域の協会が同様の対処をすれば、今回、Jクラブに所属する
ブラジル人の引き抜きが、他国民にも対しても、さらに大規模に行われる可能性
が極めて高い。


 日本が、Jリーグ、がアジアのリーダーだ等と思っていたら大間違いだ。

「中東や豪州の優秀な選手がJリーグに集まるどころか、逆に引き抜かれる」
アジアのサッカーのレベルアップどころか、中東の強化とレベルアップと、
各国リーグの活性化に貢献するだけの愚かな行為となるであろう。





スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/429-712f771d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。