サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンバ対鹿島戦での「佐藤」の誤審に関して

 ガンバ大阪対鹿島アントラーズ戦での「誤審」は驚くしかない。
典型的なレッドカード・一発退場のケースであって、それ以外の判定は無い。
なぜ、あそこで主審がそうしなかったのか理解に苦しむというか不思議としか
言いようがない。

ホームのクラブに不利であっても、レッドカードを出すべき時には、
迷わずに出せば良いだけだ。そうする事で、あの人はホームに媚を売らない
公平な判定を下せる人物だという評価を受けられるのだ。

そのうえ≪佐藤≫は、鹿島の選手たちに向って「囲い込みで罰金」等という
先制口撃で恫喝したとされている。確かに、ほっておいたら「囲い込み状態」
になった可能性はあるから、そのような発言をするのは自由だが、状況から
観て、自己保身の為に強権を発動して威嚇したとしか思えない。

 選手や監督は判定のミスがあっても、それに従うべきであって、
抗議等は容認されないのだが、それは審判が冷静に公平に判定を下せる
能力と信頼があって成立する。

今シーズン、審判の判定が原因と思われる不祥事が後を絶たないが、
審判委員会・規律委員会が下した判断は、審判の擁護や保身が大半だ。
挙句の果てに、選手とクラブへの締め付けと厳罰処分が施行されて、
審判の権限が強化拡大されたが、今回の一件は、その権限を傘にして
自らの能力不足や誤審を正当化するような危険性を感じる。

審判委員会の構成が学閥や先輩~後輩などの関係が影響を受けている面が
合ったとしたら、そこでは、かばい合い、温情、コネ、等が横行するようになる。
現場出身、それも審判ではなくて、選手~監督~フロントなどの人間や
ジャーナリストをメンバーに加えて、一委員ではなく要職に就かせたらどうか。

鹿島アントラーズは、この件を正式に提訴すべきである。
先の対柏戦でのサポーターの無法行為に対して処分を下し、後日話し合いの
場が持たれてクラブの考えを伝えたとされている。それは正しい行動だが、
今回のように明らかな誤審が有った場合は、それ相応の対応を取るべきでは
なかろうか。

ビデオでチェックして判るような際どいプレーに、微妙なジャッジではなくて、
明らかな一発退場のケースと、信じられない誤審なんだから。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/433-28013134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。