サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーコ不在は日本にマイナス

 W杯最終予選に当初は負ける予定で来日するはずだったウズベキスタンに
次々と朗報が届いている。なんという強運なんだろう。

日本のCB陣の惨状はすでに承知済みだが、ここに来て最大の朗報だ。
補佐役として期待されていた「ジーコ」の帯同が不可能となったという。
日本のファンならば承知の通り、ジーコは日本とブラジルの間を行ったり来たり、
【非居住者】として日本代表と関わってきた人物として有名だった。
日本で働いている、他の外国人監督のように日本に腰を落ちつけて強化どころか
日本人や日本社会に馴染んできたわけではない。

 2006年のドイツ大会が終了した以降は、日本サッカーを外部から見ていた
だけで、ほとんど接触が無かったわけで、オシムと岡田の代表チームのゲーム
は、テレビやDVDでしか確認していないだろう。せいぜい接点があったのは
鹿島関係者程度であろう。
 ところが「内田」「興梠」の鹿島の二人の若手も、生で会った事もなく、
ジーコの話を聞かされても「ピンとこない」ようだ。

この二人には、ジーコは神様でも英雄でもないというわけだ。

ブラジルでは「神様」ではなくて「英雄」と称されているジーコを「神様扱い」
して陶酔しきった「キチガイ・フリージャーナリスト」や「アホバカメディア」の
一方的な思い入れが先行した結果、神様ではなく英雄のジーコが、
日本中のサッカーを熟知仕切ってるような狂気の記事や発言が出ているが

ジーコが知っているのは、2006年当時までの古い情報が中心だ。
長谷部や稲本や中村俊輔が欧州でフィジカルとスタミナとメンタルを
強化されたのを実感してないし、じっくりと観察もしてないはず。
欧州に居たからといって、テレビで見ていたとは限らない。

日本で一番フィジカルが強いのは「加地」だし、俊輔はメンタルが弱い。
宮本や田中誠は高く評価したが、「トゥーリオは嫌いで完全無視」

そういうジーコが帯同しない事で、ウズベキスタンは情報戦で不利益を
被る確率が激減したのが判る。誤った情報・古い情報に振り回されずに、
最近のゲームからスカウティングした、新しい生きた情報に基づいて、
「オシム」と「岡田」が育て上げた、日本代表と選手を分析出来るのだ。

 したがって、ウズベキスタン代表に神様ではなく英雄のジーコが
来日し帯同しないのは、日本にとって大変なマイナス要素である。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/437-f0cdd729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。