サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL準決勝第2戦

 ACL準決勝は金を払って観る価値のある好ゲームだった。

ホームで引き分けて苦しくなったと思っていた中で勝ったガンバのサポーター
は喜びもひとしおだろう。逆に浦和のサポーターは、この日は天国と地獄
だったかも知れない。
 
 浦和の前半のサッカーは素晴らしかった。
ほぼ完璧で、このまま圧勝するのではと思わせたが、後半は全く別のチームに
なってしまった。何か、今シーズンの浦和のチーム状況を象徴するようなゲーム
内容だった気がする。

 このゲームから学ぶ事は、浦和は「負けるべくして負けた」という事で、
これから将来も、自分のサポートしてるクラブが、このような形で負ける時が
あると思って、このゲームを記憶しておこう。

 決定的な形でSHがバーやポストに当たる。GKのファインセーブに防がれて
しまい、後一歩で得点にならない。それなのにガンバの2点目のように、相手
側は、信じられないようなSHがオウンゴール気味とはいえ、ポストに当たって
ゴールの中に落ちてしまう。負ける時というのは、こんなものだ。

 監督采配も同様で、西野の采配は見事に当たったが、エンゲルスは裏目に
出てしまった。能力の差か「運」なのjか、それは定かではないが、第1戦で、
次戦に3人の出場停止者を出してしまったのが響いたのは間違いない。
 もし、「細貝」と「相馬」が第2戦に出場出来ていたら、違った展開になったかも
知れないが、必ず勝てた保証はない。

例えばガンバの1点目、「阿部」は対応が完全に遅れていた。まるでアテネ五輪
代表の時の準備試合の時のCKの対応を思わせるようなシーンだったし、
3点目は、流れるようにパスを回されて振り回されてしまったし、それ以外の場面
でも、プレスを掛けに行っても交わされるシーンが目立った。

 だから今回の対戦は、好調のクラブと、下降線にあるクラブの差が如実に出た
ゲームだったという見方が出来る。

「ワシントン」と「長谷部」が居て、「ポンテ」がベストだったら、浦和が勝っただろう。
この事は、今シーズンの全てのゲームに当てはまる事で、「高原」「エジミウソン」の
補強が成功しなかった事。DFライン、特にCBの補強に失敗した結果だった。
 
 エンゲルスはトゥーリオをボランチやトップ下で起用する事で、ポンテ不在の穴を
埋めたが、そのお陰で、守備のバランスは崩れたし、中盤とDFラインの間には、
スペースが出来てしまったのだが、それをカバーする事が出来なかった。その原因が
他の選手の能力なのか、監督の修正能力なのか、どちらかだろうが、全体として
攻守ともに、トゥーリオに頼り切ってしまったツケが出たのだ。

 ガンバは選手個々の能力は高いのに、フル代表に常時召集されたのが遠藤だけで、
他の選手は一緒にプレー出来る時間が長かったのが最大にプラスに作用したわけで、
このようなゲームを見せられると、単独クラブの監督ならば、出来るだけ自分の所の
選手は呼んでもらいたくないだろう。特にシーズン開幕前の代表合宿や親善試合は
辞めて欲しいと思うんじゃないか。

 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/444-485e714d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。