サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形J1昇格の意義・その1

 山形のJ1昇格を願うと書いたが、単にスポーツ紙(特にサンスポ)の不公平な
扱いへの反発という意味だけではなくて、実は山形が昇格する事は非常に意義深い
ものになる可能性があるからだ。

 ご存知のように「モンテディオ山形」は「株式会社」でも「財団法人」でもなく
「社団法人」である。このアイデアを出したのは、前山形県知事だったというが
、そのような貢献は高く評価したいが、その反面、プロ野球「楽天」の2軍の
誘致に異常なほどの執着心を見せて、まさに至れり尽くせりの待遇で迎えた
という評判である。

 野球とサッカーと両方のプロスポーツチームが県内にあるというのは、
悪いことではないようにも感じるが、問題は「楽天」である。
「楽天」の1軍のフランチャイズは「仙台」である。2軍も仙台におけば良いと
いうか、それが自然な形だと思う。なぜ、わざわざ山形に2軍を配置する必要性が
あるのだろうか?

 2軍の試合は観客動員数も少なく、マスコミの扱いも小さい。
2軍はチームも選手も、所詮、育成の段階にすぎず、おらが町のチームや
地域に密着した物にはならない。成果は全て1軍→仙台に吸収されるのだ。
合宿所から練習場まで整備しておきながら、最終的に美味しい所を「仙台」に
献上するようなものではないか。
 
つまり、こういう事ではないだろうか。
いわゆる「タニマチ」のような感覚ではないか。県内の各分野で実権を
握っている、野球キチガイの中高年世代の自己満足を優先した結果だ。
そのような連中が県政を私物化してると言っても過言ではないと思う。

 聞くところによれば、当の楽天は山形から撤退したがっているという話も
出ているようだが、その暁には「「負の歴史」として語り継ぐ必要がある。

 しかも「2002年W杯」の時には勤務中は庁内のテレビで観戦しては
いけないと言う通達が出たと言うではないか。
 高校野球は観戦しても良かったそうだが、なんという世界観なのか。
たとえ地元の高校が登場する試合だったとしても、W杯というのは、
日本代表つまり「国家代表」チームが国と民族の誇りを掛けた総力戦
なのだから、比較する以前の話でレベルが違う。

そのような土地柄で、地域密着のプロサッカークラブが
J1に昇格する事の意義深さは計り知れないものがある。
他の地域の皆さんには申し訳ないが、山形県の中高年の意識革命に
繋がるかもしれないから、何としてでもJ1に昇格してほしいのだ。

 
 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/446-5c00cd22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。