サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分と千葉の常識采配への犬飼会長激怒に関して

 天皇杯で、リーグ戦との兼ね合いから主力を外すという特に珍しくない
普通の采配を行った「大分」と「千葉」に犬飼会長が激怒したという。

 天皇杯という名称のカップ戦よりも、権威があって高く評価される、
リーグ戦の優勝がかかっている大分と、そのリーグで、J1から下部のJ2
に降格の危険性が残ってる千葉が、コンディショニングを考慮して
主力を休ませたのは、他国でも普通に見られる采配に過ぎない。

まだ優勝の可能性が残っている「浦和レッズ」の前社長で、まだ愛着が
ある犬飼会長が、優勝~3位を掛けて争っている大分の方に対して、
特に激怒したというのも、なるほどと納得した人も居るんじゃないか。
浦和がACL出場権を得られなかった時の対応がどうなるか?

犬飼会長の言い分は実に愉快だ。

≪監督というよりも、クラブのトップの判断。トップの話が聞きたい≫

 これは絶対に変だし、あまりのおかしさに笑ってしまう。
ベストメンバー規定のない天皇杯で、どのような采配・選手起用を
行うかは、監督の裁量に任せられていると解釈するのが妥当だ。

大分(シャムスカ)も千葉(ミラー)も、日本よりもサッカー先進国の外国人
監督で、リーグ戦重視という世界サッカー界の常識に則って采配を振るった
と思っているだろうから、犬飼会長が、月に届く程の大声で絶叫して、
狂ったように怒鳴りこんでも、まともに相手にされないだろう。

議論になったら、世界モードとは異なる規定やら見解の犬飼会長が完敗
するに違いない。だから、監督ではなくクラブのトップを怒鳴りつけて圧力を
掛ける戦術に出たと推測する。

犬飼会長は天皇杯は「最強チーム規定」が無く適用外の理由として、
「ルールに書いてないのは当り前だから」という独自の解釈をしたが、

「シャムスカ」も「ミラー」も
【 ルールに書いてないのだから、主力を休ませるという当り前の事 】
をやっただけなのに、なぜその国の会長が激怒するのか理解できない
だろうと思う。

多分、日本で仕事をしてる間は親日的な態度で大人しくしていても、
Jクラブとの契約が切れて、国へ帰ったら、
日本での監督時代の異様な体験、若しくは笑い話として語るに
に違いない。

大分と千葉のサポーターは、残りのリーグ戦で審判が不利な判定を下すか
どうかに注意をする必要がある。もし明らかにおかしな判定があった場合は、
懲罰だと思えば良いだろう。



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/452-6990d6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。