サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼武チェアマンの方が説得力あり

 犬飼会長が主張しているJリーグの改革案に対して鬼武チェアマンが
難色を示しているが、ナビスコ改革案を除けば、鬼武チェアマンの方が
正論だと思う。

 シーズン制移行と天皇杯改革に関しては、犬飼私案は移行すると主張
するだけで、詳細を説明していない。
例えば、9月、若しくは8月下旬開幕で5月に閉幕となった場合でも、
過密スケジュールは変わらないし、欧州のようにクリスマス休暇等を採用
したならば、さらに厳しいものとなるに違いない。
 
 サッカーは冬のスポーツというならば、夏休みの集客を期待して7~8月に
開催するのは明らかに矛盾しているから、7、8月はオフシーズンとしなければ
犬飼会長はウソツキとなるし、それならば積雪地のスタジアムの改修や
練習場の整備など行わずに、シーズンは現状のままで良いのだ。

 もし夏休みの集客を見込んで7~8月にも行うなどと、犬飼会長が考えて
いるのならば、「夏はコンディショニングに問題がある」から冬に開催という理由
と矛盾しているではないか。

犬飼会長自身が自分の発言や主張を否定する事になってしまうのだ。
 
 天皇杯をシーズン最後に開催するべきという鬼武案は当然の主張である。
犬飼会長が強弁したように「日本で一番権威のある大会」ならば、中途半端な
時期に行うのは、天皇陛下に対する冒涜であり、愛国団体(右翼団体)関係者
に不快感を与える暴挙と映るだろう。
 そもそも権威のある大会となっているのは決勝戦が元旦の開催という点も
あるのではないか。

 それを動かすのだから、シーズンの最後に開催して、日本サッカー界の、
その一年間の集大成として締めくくるのが普通ではないか。

 そうなると5月のゴールデンウイークはJリーグの終盤で優勝と降格で激戦と
なるから、終盤は疲労蓄積の中で過密スケジュールが待っている事になる。
 つまり現行の12月度と同様の状態になる。 

 犬飼会長は「初めに欧州のような秋春制シーズン移行ありき」で、
それを実現するために動いているだけで、正しい事を行っているわけではない。

それに対して鬼武チェアマンは、現状を認識した上で、様々な問題点を指摘
した中で、現状維持が好ましいという感触を得ていると考えられる。

尚、このFC2ブログ、自分のBLOG43は本日AM4時から5時まで
サーバーメンテナンスだそうです、悪しからず。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/462-fcab3592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。