サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対カタール戦は素晴らしかった

 対カタール戦は文句無しの日本の完勝だった。

カタールが互角に抵抗できたのは、最初の12~3分だけで、残りの時間帯は
完全に日本ペースでゲームが進行していった。チャンスの数は少なかったが、
カタールは日本のパス回しに翻弄されて、後を追いかけるのが精一杯という
展開で、日本がピンチを迎えたシーンは無かった。
 
 カタールの選手たちは、日本の前線からの執拗な守備に対応できずに、
キープもパスも余裕が無い状態で。90分間何もできずに気がついたらゲームが
終わっていたような感覚だったのではなかろうか。

カタールの攻めは、アジアカップの時の方がはるかに怖かったし、全体として
粘り強かったが、オーストラリア戦の0-4の大敗とも合わせて考えると、
監督交代が裏目に出た可能性もあるのではないか。

日本は特定の誰が良いというよりも、全員が合格点をあげても良いほどの
素晴らしい出来だった。両サイドのDFの攻撃参加に物足りなさを感じた人も
居たかもしれないが、サイドの守備で頑張っていたから、そういう点を評価した
方が良いと思う。  

ウズベク戦で、何も出来なかった香川を75分間も引っ張った愚行の再現を
しなかったのは、岡田は学習能力があるとみて良いのかな。

 これで、ホームゲーム3戦を消化して勝ち点4のカタールは、脱落とみて良い
だろう。日本は、このような状態でゲームに臨めれば、ホームのバーレーン戦・
カタール戦は確実に勝てるし、アウエイのウズベク戦も悲観的にならないで
すむかもしれない。ただオーストラリアはアウエイで1-0でも確実に勝つのを
見ると、相当な勝負強さとしぶとさを持っていると推測出来るから、ホームでも
やってみなければ判らない。

 ホームのウズベキスタン戦の引き分けが本当に悔やまれる。あそこで勝って
いれば、オーストラリアと日本の2位以内通過は、ほぼ確実となっただろう。
とりあえず、これで岡田の首も繋がったのが確実と思う。それだけ内容も良く、
ベストメンバーで臨めない事で、チームに一体感のようなものが強くなったように
感じたがどうだろう。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/463-3a1456e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ウズベク戦】についてブログの検索結果をまとめると…

ウズベク戦 についてブログの検索結果をまとめると…

  • 2008/11/28(金) 15:14:54 |
  • 最新キーワードチェック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。