サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ2008シーズン終了

 Jリーグの今シーズンが終了した。

先日の記事通り、鹿島が優勝して「ヴェルディ」が降格し、ジュビロが
入れ替え戦に回った。ヴェルディのサポーターは残念だろうが、あの
補強体制・あのゲーム内容では、落ちるべくして落ちたと割り切るしか
ない。

 千葉は「ミラー」が就任してから、観ている者に、ひた向きさが伝わる
ような戦いぶりを選手たちが見せてくれたのが印象的ではないか。
ハッキリ言って、千葉の戦いぶりからは上手さやカッコ良さは、あまり
感じられないが、一生懸命に走る、最後まで諦めないという姿勢は全面
に出ていたように感じる。

 ヴェルディやジュビロは、何時でも降格争いから脱出出来るとか、
一種のおごりや甘さを感じるような気がする。ラモスが言ったように
「一から出直さないとダメだろう」選手の中には泣いている者も居たが、
この最終戦が来る前に、不甲斐ないお粗末なゲームを何度か行った
という気持ちを持っているだろうか。

 真面目な千葉が残留して、かつて栄華を極めてヴェルディが自動降格、
ジュビロが入れ替え戦という結果は、この3チームのカラーに用意された
運命のような気がするがどうだろう。

 浦和は、昨年のクラブW杯後の、コンディション不良のどん底状態が、
今シーズンにまでも引きずってしまった為に、無冠に終わる結果になった。
サポーターは「エンゲルス」や「藤口」批判を行う前に、「ベストメンバー規定」
の影響の大きさを考えるべきだ。

 よく思い出して考えてみよう。
昨年も今年も、浦和は終盤はボロボロではないか。監督の采配以前に
選手が疲れきってる。ACL優勝のガンバもコンディションは落ちてる。

自分は「ベストメンバー規定の最大の犠牲者は浦和レッズ」だと思ってる。
リーグとACLに備えて選手層を厚くしても、全く意味がない事に気がつこう。




 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/470-6c5450c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。