サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移籍金撤廃を評価したい

Jリーグは、J1、J2の合同実行委員会で、
選手協会側が求めている国内移籍の際に生じる移籍金の撤廃を検討したという。

 よく検討して出来るだけ早く撤廃の決定を下してほしいものだ。
当初は、財政的に潤っているクラブが他のクラブの有力選手を引き抜くのを防止
する目的で、異常な移籍係数なるものを設定したのだが、確かに引き抜き防止
という点では効力があったかも知れないが、もう役割は終わった。

 各クラブが身の丈に合った運営を行うようになってから何年経つだろうか。
現在では活躍の場を求める選手の移籍の弊害となっており、活性化の妨げに
なるだけである。

 プロリーグを成功させる為に作られた、Jリーグ創世記の変則的なルール
だったが、移籍を望む選手の立場を尊重する方向に進むべき状況になった
という事か。これで、今後は各クラブの運営能力の優劣がさらに目立つように
なると思われる。優秀なGMが必要になるし、無能なフロントが君臨してる
クラブは選手流出という事態になっても自業自得というわけだ。

 必要ではない選手を解雇するのは当然だが、クラブの運営に必要な人材は
絶対に確保出来るような管理能力が求められる。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/473-f52d83ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。