サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入れ替え戦を終えて

 入れ替え戦が終わった。

ジュビロ磐田が残留したが、ゲームを見れば判るように順当な結果だ。
2ゲームとも90分間を通じて戦えたのはジュビロの方で、仙台は途中で
スローダウンする時間帯が続き、終盤、力を振りしぼったが及ばなかった。

 実は今シーズンの仙台のゲームを観たのはこれが初めてだが、はっきり
判るのが、ジュビロとでは技術レベルが違い過ぎる点だ。ジュビロの方が
ボールタッチも柔らかいし、トラップが上手い。ワンタッチで次にプレーしたい
方向にボールを置いてるけど、仙台は止めるだけだ。

 またパスが雑で大雑把なために、無駄にエネルギーを消耗してしまう。
ゲームを落ち着かせる選手がいないから、勢いだけで戦っている感じがする。
スタミナと集中力が続かないから、守備が甘くなった所を突かれてピンチを
招いてると思う。

 正直言って、相手が悪かったようだ。もしジュビロではなく、ヴェルディや札幌
だったら、行け行けドンドンで、押しきれたかもしれない。
そういう評価をすれば、1-1の引き分け・1-2の敗戦という結果は、善戦したと
好意的に評価するべきではないかと思う。

J1のクラブのホームゲームを先に行い、J2のクラブを第2戦にというような
マッチメイクにした方が公平ではなかろうか。現状では総合力が上と思われる
J1のクラブに有利に働いた日程になってる。もし今回、第2戦も1-1の引き分け
ならば、延長戦を行うホームのジュビロの方が優位に立つ。J1クラブにハンディ
を与える方式というのは過保護である。

 2ゲーム通じてジュビロの挙げた3得点は、全て「19歳の松浦」が挙げた
物だが、この事はベストメンバー規定を考える上で重要な意味がある。
例えば、もしチケットを入手したミーハーファンが、ベストメンバーでのゲーム
を見たいと希望したら、19歳で全国的に無名の松浦ではなくて、超有名人
の「ゴン・中山」を見たいとゴネるだろう。あるいはカレン・ロバートか?
 もし、オフトが松浦を抜擢してなければ、ジュビロはJ2に降格したかも
知れないのだ。

 この2ゲームで松浦を生で観戦できたサポーターは幸せだし、凄く勉強に
なったはずだ。若い選手というのは、このような経験を積み重ねて成長し、
そしてチャンスを掴んで成功者となる。もし将来「松浦」がジュビロの主力
になったら、今日の入れ替え戦が飛躍の記念日となるに違いない。

 これは21歳以下の若手だけのリーグ戦では身に付かない貴重な体験の
場である。中堅やベテランと一緒のチーム同士のJ1昇降が掛った公式戦を
通じて両クラブが、死に物狂いで戦った中で身に付けられるのだ。

 あの万満員のサポーターの大声援の中で2ゲームで3得点するのと、
21歳以下の若手だけのオープン戦や教育リーグみたいな場で得点するのと
一体、どっちが成長に役立つだろうか?

日本代表の「駒野」や「前田」からのパスを受けてゴールする。同世代では
なくてベテランの相手選手と一対一で仕掛けて勝負する。これは金銭では
買えない貴重な経験じゃないか。

犬飼会長の話によれば、Jの監督は、大事な試合で若手は使いづらいという
声を聞くから、若手だけの大会を企画したいみたいな事を言ってるが、
入れ替え戦は大事な試合じゃないのだろうか?

「オフト」そして名古屋で大胆な若手起用を行った「ストイコビッチ」
大分の「シャムスカ」も同様だ。皆日本人監督ではないのを見ると、
これは決断力と、選手を見極めする能力で、日本人監督が劣ってるという
見方をされても仕方がない事になるが、どうだろう。

だからベストメンバー規定なんか廃止する。
そうすれば、ナビスコカップも23歳以下の大会にしなくても済む。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/475-2e0bd637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。