サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形の名称やチームカラー変更問題に関して

 山形が、クラブの名称変更やチームカラーやユニフォームのデザインや
ロゴなど、全般の見直し等もめているが、結論から言わせてもらうと反対
で、現状のままで良いと思う。

 自分はJリーグ誕生当初から、ラテン系の言葉を中心にした造語の名称
を苦々しく思っていたので、最初は詳しい事情が判らずに、そのクラブ名が
日本語の名称になるのは本当に良い事だと思ったが、山形県民によれば、
「月山」という名称が山形県を表す為に相応しいというわけでもなく、地方
ごとに色々と複雑な事情があるようだ。

 ユニフォームのデザインやチームカラーやマスコットなどは、よほどの事情
があるとか、必要不可欠な場合をのぞいて変更せずに残すべきだ。
J1のジェフのマスコットは「秋田犬」だったと思うが、ありゃなんだ!!!

前身の古河電工と言えば、
「マスコットはシマウマ」  「ユニフォームはゼブラカラー」だった。
それが長い間続き、オールドファンには充分に浸透していたのに、Jリーグ
誕生に伴い変更しちゃったが、残しておけば、一度も下部リーグに降格した事
が無いクラブの歴史と伝統を構成する一部になっていたはずだ。
それが「千葉県」のクラブなのに「秋田犬」とは!

 だから、変更するならば、そうしなければいけない理由を示すべきで、
J1に昇格したから等というのは全く論外で、そんな事で一々変更してたら、
伝統も歴史も築けないし、クラブに対する愛着もわかない。
チームカラーとか、ユニフォームとかロゴというのは、そういう大切な物だから
、安易に変更しないし、ましてやサッカーがよく判っていないデザイナー等に
仕事をさせるなど論外だ。

 J誕生当時の読売ヴェルディのセンスの無い醜悪なユニフォームを思い出して
もらいたい。世界的に有名なデザイナーであっても、サッカーを判っていない
人に任せると、あのようになってしまうんだよ。

 それと、ソニープロダクツに任せた全クラブのマスコットやグッズ。
皆、アメリカンコミックに出てくるようなキャラクターで、
≪バカの一つ覚えのように親指を立てて強そうなポーズをとってた≫
あのようなデザイからは、サッカーらしさをまるで感じなかった。

 山形が、もし間違ってというか狂ってしまい、変更したら、商標登録の
問題が出てくるが、これが非常に重要だ。


その権利と収益はクラブの物になるのか、
それともデザイナーか?


デザイナーはボランティアで無償でデザインを担当するのか、それとも
金銭を求めているのか。


そんな事に使う資金が準備出来るならば、クラブの強化資金に回すべき
ではなかろうか。エースストライカーの豊田が京都に移籍するんだから、
デザインに資金を使ってる場合じゃないだろう。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/481-38e32d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。