サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本女子選手権・準決勝を見て

 第30回女子サッカー選手権準決勝を観戦してきた。
承知の通り、TASAKIが今シーズンで休部、この大会が最後になる
可能性が高かったので、

『 TASAKIペルーレFC 』

 ハッキリ言って、準決勝に残った4チームの中で、一番力が劣っていた。
得点出来るような雰囲気もなく、一杯一杯だったのではないか。
コンディションも良くなかったように見えたが、どうなのか。

『INACレオネッサ』

 DFは攻守の切り替えが早い。特に相手ボールになった時の戻りは
速くて、中央の守備が強い。一対一が強いというよりも、守備陣が壁を
作るような形で跳ね返す。特にCBの8番「藤村」が効いてる。
GK「海村」は非常に勇敢で、FWの足元に果敢に飛び込み、キャッチングも
正確なので、頼もしく感じる。良いキーパーだ。
攻撃陣もボールが持てて、動きがシャープで、バランスがとれた好チームだ。

『日テレベレーザ』

 攻守両面に渡り、相変わらずのボール回しの巧みさで「読売らしさ」
は健在だった。高さと強さを兼ね備えた二人のCBは、鈍いように見えたが、
後半途中に出場した荒川の「これぞCF」というゴールへの積極性と、身体の
使い方の巧みさと、動きの質の良さは、なかなか見応えがあった。

『東京電力』

スタミナとスピードは素晴らしいが、試合巧者のベレーザに適当にあしらわれて
振り回されてしまい、経験不足を露呈したのと戦術的に柔軟性に欠ける。
 セカンドボールをほとんど拾われて苦しい展開になり、カウンターアタックも
大半がコースを読まれており、攻め込んでいる割には有効ではなかった。

ベレーザの攻撃陣に、CBの裏を取られたり、左サイドがズタズタにされても
、修正出来なかったのは、これが限界なのか、監督が気がつかないのか。
丸山は常にトップで前線に張り付いていたが、全く機能しなかった。
代表でプレーしているように、サイド中心で動かした方が有効である。



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/483-e98479f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。