サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯決勝・G大阪対柏での西野采配について

元日の天皇杯決勝戦は「ガンバ大阪」が1-0で柏レイソルに辛勝した。

柏にも勝つチャンスがあったが、あと一歩及ばず、準決勝までは
勝利の為に決定的な役割を果たし、対戦相手の脅威となった、
フランサと李の二人が時間と共に封じ込まれたのが痛かった。

ガンバは明らかにコンディション不良で、ベストとは程遠い内容だったが、
ACLとクラブW杯での経験が見事に生かされており、「余裕と自信」が
みなぎったプレーで、延長戦まで120分間を戦った、
遠藤はあまりボールに触れず、また決定的なチャンスへの関わりも
少なかった。

西野監督が中々メンバーを交代しなかったのが注目された1戦であった。
よく、「監督が選手と心中する」という言い方をするが、それが典型的な
采配となって現われたのが、この決勝戦であった。

ゲームの内容が柏が主導権を握る時間帯が全体の3分の一くらい有った
ものの。それ以外はガンバがゲーム支配する時間帯が続いており、後半
に「フランサ」「李」の二人が交代出場しても、同じような流れの展開が
続く状態であった。その中で、チームの軸の選手を引っ込める事で生じる
変化の必要性を西野は求めなかったというわけだ。

延長に入ればベストコンディションではない、二人に攻撃を頼る、柏の方に
苦しい展開になると読んだのではないか。と同時にそれは、疲労が蓄積
してるはずの自分の選手達の頑張りと粘りを信頼していた事の証明である。

次のように考えてみよう。

遠藤を出場させているのが得点出来ない原因ではない。
遠藤を他の誰かに替えたからといって得点する保証は無い。
遠藤を出場させている事で失点する危険性も無い。

むしろ、精神的な支柱である遠藤を替える事で、残された選手たちに
動揺と焦りが生じる危険性がある。

それならば、精神的な支柱であり、ガンバのやり方で戦うために必要不可欠
な遠藤を勝負の決着の目処が立つまでは、ピッチに残しておくのがベストで
あり、最悪それが失点し、敗退の要因となっても構わないし、諦めがつく。
という覚悟を決めたのであろう。

 それが「西野が遠藤と心中するつもり」という意味であり、カップ戦の時の
戦い方の一つの方法である。

 このように考えれば、西野は我慢したというよりも、実は中心選手を大切に
してゲームを乗り切るという点では、実は理に適ってるのが判る。
つまり「石崎」の采配ばかりが注目されているが、西野も名監督の道を歩み
つつあるのが判ったゲームであり、また日本人監督として、将来への夢と
期待を持たせてくれる器に育ってきたと評価して良いのではないか。

ガンバ大阪の選手・関係者・サポーターの皆さん、天皇杯優勝とACL出場権
獲得、おめでとうございます。ベテランの後継者育成と獲得がスムーズにいき、
黄金時代が続けられるように努力されるよう希望します。



スポンサーサイト

テーマ:ガンバ大阪 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/485-40d1d5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。