サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアカップ最終予選・対イエメン戦(ホーム)

 イエメン戦は最悪に近い内容で、とりあえず勝って良かったという程度の
散々なゲームで、相手のイエメンのレベルの低さも合わせて考えると、
3流以下のゲームと判定したい。熊本で開催して良かったと思う。もし首都圏
の開催だったら、ブーイングの嵐が起こったんじゃなかろうか。

 経験の少ない選手を同時に起用してテストする構想は、辛口だが失敗だった
と評価せざるを得ない。新戦力の発掘の場としての期待感が高かったために、
新しく召集された選手を中心にして、個々が自分を売り込む場としての思惑が
強すぎて、裏目に出てしまったのが残念だ。

 自分は「負けなければ良し」という気持ちで見ていたが、ここまで力の差がある
相手で一方的な展開だったのを考慮したら、点差よりも内容が酷過ぎるのだ。

 まず守備面は参考にならなかった。
セットプレーで失点したが、香川がボールを奪われた問題とは別に、マーカーの
青木がマークを簡単に外してしまったのは非常に拙かった。また寺田の指示が
どうなっていたのかも疑問で、若手の長身CBを育てるのは急務だ。

 中盤でのプレスは連動性に欠けており、向かっていく意識は高かったが、
即席の急造チームの限界ではないか。

 攻撃面は、「田中達也」「岡崎」「巻」「中村憲」以外は論外で、
次から代表に召集されなくても仕方がないだろう。この3人以外の選手は、
個々が勝手にプレーしており、自分をアッピールする為のドリブルとキープと
強引なSHだけが目立つという惨状で、チームとして組織されていなかった。

 「乾」に至っては周囲とのリズムが全く合わず、もし監督が岡田で無かったら
召集したか疑問である。まず最初に学ぶ事は、サッカーは一人でやるものではない
という事だ。

金崎は明らかに気負い過ぎで、ボールが足に付いてない状態で、相手にパスを
していたようなものだった。

 ただこの二人を弁護するような見方をするならば、出場時間の少なさをあげたい。
それも残り時間が少なくなってからの起用で、結果を出さなければいけないという焦り
があったのかも知れない。後半の頭から起用していたら違っていた可能性もある。

 興梠は前線に居ただけで、ほとんどの時間帯消えていた。ワントップは無理だ。
現状では次からは、このような起用法は無いと思われる。
香川は、ボールキープと時折見せるサイドチェンジが目立ったが、得点のチャンスの
切っ掛けとなる効果的なプレーがほとんど無い。特に失点場面は北京五輪でも
ドリブルやキープのミスから奪われて失点というパターンがあったように、失点の起点
となっているようでは、学習していない事になる。

若手の組み立て役としては柏木(サンフレッチェ)が最有力だと思うがどうだろう。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/491-4b822884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。