サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川口の負傷に思う

 GK・川口が負傷して対オーストラリア戦の出場が絶望だという。
これで楢崎と川口という、長い間、代表チームのゴールを守っていた二人の
守護神抜きという非常事態になってしまった。

 帯同していた「川島」「菅野」「都築」の三人の能力の高さは心配ないが、
代表戦の経験不足という問題は、今更解消不可能なために不安を感じる。
DFとの連携という点を重要視するならば「菅野」は未知数だし、トゥーリオと
阿部が居ない「バーレーン」戦での「都築」起用は、やはり不安がある。
Uー23での国際試合の経験と、A代表候補での合宿経験と素材の高さという
点で「川島」が、川口の穴埋めには適切と思われる。

 CB同様、GKも長い間、同じ選手ばかり起用し続けていると、このような
ケースが現実に起きた時に困る事になるのが判ったと思う。
「勝っている時には選手は替えない」とジーコが発言して、その言葉に納得
していた≪取り巻きジャーナリズム≫に対して「備えあれば憂いなし」という
言葉を送りたい。

 自分は「川島」を推奨したが、誰であっても、バーレーン戦で大きなミスが無く
、あるいは不安を感じ無ければ「フィンランド戦」「オーストラリア戦」の
2ゲームも、DF陣との連携を深める為に同じGKで行くべきだ。

 ものは考えようで、川口はドイツ大会のオーストラリア戦でキャッチミスを
して失点の元凶となったのを思えば、負傷による欠場は「マイナス要因」
が一つ減るのだから、必ずしも悪い事態ではないという解釈も可能だ。

不動のメンバーで戦い続けるというのは、今回のようなリスクが生じる危険性
と隣合わせだと認識するべきだろう。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/492-e64e9e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。