サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対フィンランド戦から見えた事

 フィンランド戦は良い意味での収穫は何も無かった。
あえて探せば、今年に入って3戦行った事で、オーストラリア戦に向けた
コンディショニングという点で少し不安が取り除けた程度か。

イエメン戦はオフ明けで経験不足の初めてのメンバーで動きが悪かったし、
バーレーン戦も、まだ調整不足の段階で、新しいメンバーとレギュラークラス
の間の連携も上手くいかず、本気モードの相手に対応出来なかった。
フィンランド戦は、オーストラリア戦に向けた壮行試合という位置づけと思えば
、大きなけが人も出ず、久しぶりに復帰した「トゥーリオ」に負傷していた
「遠藤」の二人の回復状況も順調だったのが幸いであった。

 国際試合・テストマッチとして観たならば、凡戦で3流のゲームであった。
フィンランドが、ほとんどプレスを掛けてこなかった為に、日本は中盤で
楽にボールが持て周りを観れた事で、余裕充分の展開だった。

 課題は、今までのゲームと全く同じで、何も解消していないのが明らかで、
大柄で速いFWのカウンターアタックへの対応に悪戦苦闘する事、
高さへの対応が不十分な事。守備の弱点は、むしろクローズアップされて
きてるように感じる。

 監督や指導陣を除いた、マスコミ・サッカージャーナリズム・サポーター
それらに影響された世論の大半が、日本サッカー界に蔓延させた、
長年に渡る攻撃偏重と守備軽視の風潮と選手やチームに対する評価が
今回の危機を招く元凶の相当部分になっている。

 守備の拙いサイドバックに攻撃偏重のボランチは、ジーコ以降の
日本代表の特徴であったが、今頃になって守備が弱点と騒いでも
遅すぎるのだ。もし去年ならば0-1で負けたら、必ず「決定力不足」が
最大の課題と報道していただろう。

例えば、右BKに内田・右のボランチに中村憲という布陣では、右サイドに
スペースが出来てしまい、そのカバーリングの方法に問題点があって、
実際にそこから失点したのに指摘せず、また、ほとんどサイドの守備を
しない香川を、若手スター選手として甘口評価をしてきたではないか。

さらに付け加えれば、多くのスポーツ紙が煽ったように、もし「トゥーリオ」
をFWで起用し続けていたら、今頃CBはもっと悲惨な状況になっていた。

 岡田ニッポンで、一番の問題点はGKだ。
川島も都築も合格点は付けられない。二人ともDF陣との連係がスムーズに
いってない。都築はキャッチングミスが多いのが不安だし、失点場面は完全に
ミスである。あのように両手を使えるGKとFWが競り合った場合、DFへの
指示以前に、競り負ける方が大問題となる。
普通に考えれば、コンディションの良い方を優先するのがセオリーだが、
相手のオーストラリアの高さとパワーを考慮したら、高さとパワーに対抗できる
能力の高い方を起用するべきではないか。

 結局、偵察に来たピム監督が一番得をしたのではないか。

日本に対しては、このフィンランドのように、中盤で自由にボールを持たせると
いいようにやられるから、前線からプレッシャーをかけなければいけない事。
また、両サイドの内田と長友を押し込んで受け身に回せば、日本の攻撃力は
激減する事も判ったはず。

この2点は、バーレーンが(正確に言うと監督のマチャラが)日本封じの見本を
見せてくれたから参考になるだろう。

そしてGKに問題点がある事、また鈴木啓太が居ないボランチは、攻めに出た
後にはゴール正面にスペースが出来る事、
フィンランドが単純なポストプレーから容易にSHチャンスを掴んでいた事

以上、ピムの手元には攻守にわたって有益な資料が揃ったであろう。
心配なのは欧州各地から集まってくる自分の選手たちのコンディションと
連係に不安がある事だと思う。

 このように見ていくと、日本は負ける危険性も、勝つチャンスもともにあるから
11日は、サポーターの「明るく楽しい応援」ではなくて、審判とオーストラリアに
恐怖のプレッシャーをかけるような熱い声援を送ろうではないか。
キーの高い楽しい応援歌よりも、男どもの野太い声で圧倒しよう。

11日は、歌ったり踊ったりして、パフォーマンスを楽しむお祭りではない。
我々の 【 国家代表チーム 】 がW杯本大会出場に一歩近づくかどうかの
重要な決戦の日である。 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/495-2988936e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。