サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010W杯最終予選対オーストラリア戦(ホーム)

 昨日行われたW杯最終予選の対オーストラリア戦は、
攻めきれずに「勝てた&勝つべきゲーム」に引き分けてしまった。

 両監督の采配と駆け引きが、このゲームを見応えのある内容に
して、特に守備面でのハイレベルな対応がなかなか面白かった。
普通、このような対戦では、どうしても結果が全ての評価になって
しまうのは止むを得ないのだが、両チームが基本的に守備重点の
ゲーム運びで臨み、負けられない、負けたくないという意思が強く
出すぎた1戦だったという事か。

 日本はオーストラリアの前線の3人を自由にさせないのと、
最終ラインからのビルドアップをさせない事を優先させつつ、攻撃では
共通のコンセプトで戦う意思を見せて、岡田の構想に近い攻めを見せる
事が出来たのではないだろうか。

 オーストラリアは、中盤を守備的な布陣で日本の強力なMF陣を
潰す事を最最優先にして、CB2人が壁となり中央突破をさせずに
SHコースを空けない点に非常に神経を集中させたようだ。

内容では日本が完全に圧倒していたが、結果を見ればオーストラリア
の方が収穫は大きかったと判定したい。

オーストラリアはコンディショニングとコンビネーションに問題があった中で
守備陣が持ちこたえたのが大きな自信となるはずだ。攻撃面でも、まだ
一工夫も二工夫も積み重ねる事が出来るように思う。

課題を挙げれば、攻めになった時に、そして主導権を握って押し気味に
戦う時には、両サイドの戦い方や選手起用をどうするかという点だ。
両サイドが「田中達也」「内田」の速さに対して振り切られるシーンが多く、
守備に神経を使い過ぎた結果、押し込まれて日本のリズムを作らせて
しまった。

 日本は攻撃パターンが両サイドからの突破からクロスを入れるか、
DFラインの裏を取るという形に偏っており、サイドチェンジを織り交ぜても
同じテンポでプレーしているので、DFのレベルが高いチームの場合は、
守りやすいのではないか。

 特に、オーストラリアのように中央のCB2人とGKが強力なチーム相手
には、ボールを支配していても、得点の可能性は極めて低くなり苦戦する
のは必至である。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/498-2d9f61cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。