サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11日の浦和対磐田戦の予測

 11日の浦和対磐田戦は面白そうだ。理由は両監督の采配の妙が楽しめるから。
 
 磐田は、4-5-1システムで対応する予定らしい。これは現在の両クラブの戦力比較をすれば浦和が上なのだから、今までとは違う選択をするのは正しい判断だ。
 対する浦和もまた、G大阪戦2ゲームの反省から若干の修正を行なうようだが、これもまた適切な判断である。

「ワシントン」の1トップの下に「黒部」と「ポンテ」のツーシャドー・「小野」はボランチに下げる布陣を敷くテストを行なったと伝えられている。磐田相手には、この方が良いだろう。磐田は4BKで、前線の3人へのケア―とマークは何とかなると読んでいるはずだ。
 問題は小野対策のはずで、もしG大阪戦と同じ起用だったら心中覚悟の福西のマークにあって、充分にプレー出来ない可能性があった。予想されるスタメンの中で、福西は磐田のMF陣の中では、一番マーカー役としてふさわしい存在であり、残りのメンバーでは小野を潰すのは不可能だからだ。
 
 小野がボランチに下がるとマークが甘くなるし、福西をマンマークさせたら、DFラインとMFの間に穴が出来るから、深追いは出来ない。だから、小野をボランチに起用する事で磐田の思惑どおりには行かず浦和が優位に立つ。

 攻撃面では、小野を起点にして『山田』「三都主」の両サイドが磐田の対峙する『西』『村井』に勝てるかどうかだが、これは総合的に観て互角かも知れないが、万全を尽くすならば、三都主ではなく守備の巧い平川を起用するべきだ。
 テクニックで優る山田と、速さで優る村井の対決は見応えがあるだろうが、三都主は西に振り切られるかも知れない。
 
 また、ワシントンとポンテのコンビプレーや黒部の前線への飛び出しに、30歳過ぎのロートル揃いの磐田DFがどこまで対応できるか疑問である。ポンテと黒部のツーシャドーにする事で、磐田は4BKの両サイドが、中央のカバーに入らざるを得なくなるのは痛い。小野がトップ下に居たら、DFが一人余ってカバーに回らせ常に数的優位が保てたはずだからだ。

 問題は、やはり守備面だ。両サイドの攻防に加えて勝敗の分かれ目は中盤である。小野ともう一人のボランチは「長谷部」ではなく「鈴木啓太」が良い。なぜなら、名波を潰し、ルーズボールを拾い捲り、小野の守備面での負担を軽くする役割をこなすのは鈴木啓太の方が適役である。
 今シーズンは選手層が厚くなったのだから、対戦相手に応じて選手を使い分けるのが良い。

 後は、カレンの突破力と、セットプレーさえ気をつければ、ゼロックスと開幕戦と違って、今度こそ文字通り、浦和の快勝になると予測する。

 山本監督が、《ボランチ小野》の対策をどう立ててくるかも見ものである。
 しかしアテネ五輪の采配を思い出すと、どうだろう?

スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/50-5d5f53be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。