サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬飼色が鮮明になるのは二期目からだ

日刊ゲンダイの記事は面白かった。

もし報じられたのが正確な状況に近いのならば大いに歓迎したい。
小野剛の評価と役割分担に関しては、前回に書いた通りで、
所詮、技術委員長の器じゃなかっただけで適材適所を心がければ
それなりの成果が期待できるはずだ。

 田嶋幸三は、専務理事が適役かというと大いに疑問を感じる。
どういうポジションが適役かというと、Jビレッジ&各地に予定されてる
アカデミーの校長か、JFAコーチングスクールの統括責任者が良いと
思う。

 専務理事には、森隆慈氏か加藤久さんが自分の希望だ。二人とも
色々と経験豊富で全体を目配り出来る視野の広さと見識がある。
面白いのは、二人とも現役の選手時代に、将来は協会の幹部
という立場が期待&約束されていたのに、首脳陣と決定的な意見の
違いが生じて協会と袂を別けた事か。もし二人がイエスマンだったら、
森会長・加藤専務理事になってた可能性もあったんじゃないか。

 でも、そうならなかったところに二人の男気を強く感じてもらいたい。
今となっては理想論にすぎないが、この二人を協会に戻す度量の広さが
犬飼会長にあるかな。

 犬飼会長が、本当に協会を支配するというか、自分の思い通りにやる
為に、川淵一派を一掃するならば、次の理事会まで待たねばならない。
現在の理事会は、院政を敷いて黒幕としてサッカー界を動かしたいという
川淵元大尉の意向に沿った人事だから、これを改善しないと、いつまでも
犬飼会長は 【川淵のポチとして仕える忠犬】 にすぎない。

 前身の日本リーグ時代から、そしてJリーグ誕生初期の頃から、
川淵元大尉と盟友のような関係とか、親密なコネで登用された人物が
何人かいるから、そのような≪ポチ≫や≪下僕≫の処遇をどうするかが
見ものだ。
 
 Jリーグ創設の盟友だった「森健」さんや「木之元」さんは粛清されたけども、
まだ理事に残ってるあの人とか、フリューゲルスが解散した後、協会の重要な
役職に引き上げられたあの人とか、そういう川淵に恩がある連中が、今後
どうなるかに非常に大きな関心を持っている。
 
 今回の再編の件は、手をつけやすい所から手をつけたわけで、
それに関連して、昨年全国を回って地方の理事と会合を行った時に
各地方の理事を自分の色に染めるというか味方につける事に成功
していれば、基盤固めという目論見もあったのかもしれない。

 本当に犬飼会長の独自色が発揮されるのは、次の理事選挙が
終わって、二期目の理事会の構成が犬飼色が濃厚になってからだ。

所詮、サッカー優先で選手~監督生活を続けた後で、古河電工の子会社の
代表を務めた程度の人間と、選手生活よりも、ビジネスマンとして三菱の
欧州支社で頑張った人物では実績も能力も雲泥の差であろう。

 本当に川淵色が一掃されて改善するのならば大変に結構な事だ。
「毒をもって毒を制す」という事かな。 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/500-19fefe1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。