サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪に関係なく、2022年W杯立候補に賛成する

 犬飼会長は東京が2016年の五輪開催地に選ばれなかった場合でも
サッカー協会単独で招致ができないか検討しており仮に五輪招致失敗で
18年はあきらめても、22年の開催地に手を挙げる可能性を示したという。

東京五輪がダメだったら、共倒れかと不安だったが、これを聞いて安心した。
常識で考えて18年は「イングランド」が有力だと思うから、22年開催に向けて
照準を当てて立候補した方が良いと思う。

 懸案の8万人以上収容のスタジアムだが、東京五輪が実現しなかった場合、
不可能かというと、そうとばかりも言えない。たとえば、味の素スタジアムや
埼玉スタジアムを増築すれば良いのではないか。

 2002年大会の時に、東京は開催会場にに名乗りすら挙げなかったが、
これは、東京都民にとって屈辱的な出来事であったし、開催地に首都であり
国際都市の東京が立候補さえしなかったのは実に不自然としかいえない。

当時の東京都都知事は「鈴木」氏だったが、サッカーには全く興味が無かった
スポーツ関連で、どんな施設を認可し造ったか、これはサッカー愛好者ならば
知っておく必要がある。

 シンクロナイズドの公式国際大会が開催可能な「超豪華な水泳場」
東洋一と評価が高い「テニス場」
夢の島の「ゴルフ場」

この三つなんだが、都民の税金を使って作られた、これらの施設は、当然の事だが
億単位の建設費と相当な年間維持費が投じられているが赤字の箱モノだ。

サッカー場や、球技全般が出来るスタジアムだって、同様の箱モノじゃないかと
思うだろうが、肝心なのは次の点だ。

 鈴木元都知事の趣味や好きなスポーツってなんだか覚えてるかな?
「水泳」「ゴルフ」「テニス」の3つだったそうだ。

要するに、自分が好きなスポーツ施設は、採算無視で造っちゃったって事だ。
この点を都議会の野党やマスメディアは追求しただろうか?自分の記憶には
残念ながらないんだ。

そして興味も関心もないサッカーのW杯会場地には立候補しなかった。

味の素スタジアムは2002年W杯やJリーグの為に造ったんじゃないから、
今度はW杯の為に増築してくれるように希望する。
 だから、次の2022年大会には、ぜひ東京が会場に立候補して
、国立競技場か、味の素スタジアムの増改築という構想を持って欲しい。

 あるいは埼玉スタジアムだ。建設当初よりは開発されたとはいえ、まだまだ
不便な場所で立地条件が悪い。だから、2022年大会決勝戦仕様への増築
と同時に、周辺の開拓とインフラ整備も兼ねた一大事業にするような方向性
に話を持っていけば良いと思う。




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/503-058ae94f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。