サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ・2009シーズン開幕

 Jリーグが開幕したが、予想通り、なかなか面白いシーズンになりそうだ。

 鹿島は非常に強く、攻守ともに安定しているというのが第一印象で、チームと
して熟成しているのがよく判る。この調子で行けば3連覇も充分に可能と思う。
おそらく、現在のJのレベルでは、他のクラブが勝つのは、ちょっと難しいように
思うほどの、ゼロックスでのガンバ戦に続く、浦和戦での圧勝であった。
 ただ、昨年のACLでの戦い方を見れば判るように、Jリーグで勝つには充分
だが、アジアで勝つ為には、それなりの対応が必要と思う。

 選手個々を見れば、どう見ても「高木」や「今野」よりも「岩政」の方が代表の
CBに相応しい選手だと思う。候補に召集しない理由を知りたい。

 浦和は、懸念された通り、まだ新しい戦術がマスターされていない。
オフシーズン、それと全員が揃って練習する時間が不足していたのは明らかで、
実戦を通してクリアーするしかないから、何節か過ごすうちに、そこそこに
行けるようになるが、レベル的には上位クラスは間違いないが、順位的には
どうなるか現時点では不明だ。

ガンバは、ゼロックス・スーパーカップでは、どうなる事かと不安だったが、開幕
には、きっちりと間に合わせてきたのは、今が旬のクラブだけの事はある。
しかし、CBは弱いので、カウンターで崩されて失点というケースが増えると思う。

 ジュビロ磐田は、どう評価するかだが、結論から言えば
今までの栄光は過去のものになってしまい、昨年16位で入れ替え戦に回った
のは、実力通りだったと言う事だ。ベテランと中堅クラスの選手の大半は、
「もう終わった」ようなもので、レベルアップは期待しない方が良い。
 カバーリングが下手な「茶野」をDFの中心にした時点で、惨状は決定した
ようなもので、今まで「田中誠」「鈴木秀人」を重宝してきたツケを払うのだ。

 ただ若手は才能がある人材が揃っている。将来の事を考えたら、
ポゼッションサッカーを志向して、優秀な若手をゲームで使いながら育てる
のは悪くはないが、軸になるベテランが問題なので、外国人の緊急補強を
行うべきであろう。CBとMFが必要で、このままだとJ2降格の有力候補だ。

J1昇格の山形は、初戦の相手が、マスコミと一部のライターだけが強いと
思いこんでるだけで、本当は弱いジュビロだったおかげで、正義の6得点を
挙げたが、この勢いを出来るだけ維持して、J1に4~5年は留まるように
強く望む。カウンターだけのサッカーではなくてパスも繋ぐスタイルだったが、
「無駄な事・余計な事をしない」のが印象的で見ていて判りやすいし、
選手が初のJ1に、物おじせずに伸び伸びとやってる。

 京都と神戸は大量補強した割には、期待外れで落ち着きのないバタバタ
したサッカーで、観ていて疲れる。やはりレベル的には、上位クラスとは
落ちるが、勝負は内容に連動するとは限らないから、自分たちよりも
ハイレベルな相手と対戦した時にどう戦うのかが興味深い。

千葉は惜しかった。結果は0-3だけども、決定的なチャンスに決めておけば
、もうちょっと、なんとかなったんじゃないか。もう一段高いレベルのサッカー
をやる為の苦しみのようなもので、勝つ為だけを考えるならば、次からは、
DFラインの位置取りを修正しないと、簡単に裏を取られて苦戦する展開が
続くのではないか。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/505-bbd77479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。