サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪を23歳以下のW杯にしよう

 FIFAは6月の総会で、五輪のオーバーエイジ枠の撤廃をIOCに提案する方針を決定する意向で、川淵会長は賛成票を投じる事を明らかにした。
 川淵会長は『本来は23歳以下でやるべきものであり、日本はオーバーエイジ枠はいらない。』と発言したが、この判断は全面的に正しいものとして支持したい。

 元々、FIFAは五輪を23歳以下の世界選手権にしたいという構想を持っており、五輪を最高峰のスポーツイベントにしたいという思惑のあるIOCとは意見が対立していた。
 その妥協案として、24歳以上の選手を3人だけ出場を認めるという形になったのだが、近年の五輪を観れば、枠で誰が出てくるかで、好結果を得る国もあれば、日本のように、必ずしも成績に繁栄するとは限らない国もある。ならば、いっその事、枠など廃止したほうがスッキリしてよい。

 すでにプロ主体の世界的なイベントがあり、五輪を最高の大会と位置付ける必要の無い競技団体にとっては、五輪は二流の大会か、ランクの落ちる大会として扱うのは当然なのだ。

 五輪を上回る巨大な大会を独自に運営する能力があるFIFAが、IOCに屈服する理由も、また五輪に執着する事のメリットもほとんど無いのだから、この決定をIOCに認めさせるよう行動するのは、サッカー人として常識であり正義である。2008年の北京大会での代表編成を今から期待したい。






スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/51-95d97ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。