サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウズベキスタンの評価

 W杯最終予選の「オーストラリア対ウズベキスタン」戦を偵察した岡田は
次に対戦するウズベキスタンを要注意と感じたようだが、その判断は
正しい。幸いにもHNK衛星放送で、このゲームと「韓国対北朝鮮」戦の
2ゲームを放送してくれたおかげで、しっかりと観た人もいたと思う。

 結論から言ってしまえば、ウズベキスタンは強い。
このゲームは、対カタール戦から、中3日で、10数時間のフライトを経て
オーストラリア入りした為に、疲労蓄積によるコンディションの悪化という
状態の中で行われた1戦だったというから、そういうハンディを負った中での
アウエイゲームという点を考慮すれば、これがウズベキスタンの実力では
無いと思っていた方が良い。

ウズベキスタンは、前半は互角だった。日本戦同様、前線からプレッシャーを
掛けてきて一歩も引かずに真正面から渡りあったのは見事で、アウエイでも
丁寧にパスをつないで中盤を組立ててきたから、あのようなゲーム運びを
行うのがコンセプトなのであろう。

 ただ残念な事に、後半は完全にバテテしまい、ペースダウンした結果、
オーストラリアの一方的な展開になってしまった。しかし、このようになった
要因は、前述のようにコンディショニングにあるのだから、ホームの日本戦
では、最後まで運動量は落ちずに、アタックし続けると思う。

 オーストラリアのピム監督が、我々も苦戦したと発言した通り、ホームで
戦うウズベキスタンは、オーストラリアと同じくらいの強さとレベルを持った
チームだという心構えで臨むべきで、このゲームを見たら油断する余地は
全くないはずだ。

 少ないチャンスを活かす勝負強さとフィジカルの強さがあるので、
日本は受け身になって押し込まれると危ないが、大方の予想というか期待
どおりのカウンターアタックで、得点を狙えるチャンスは、先取点を取られて
引き分けに終わった、ホームのゲームよりも圧倒的に多くなるだろうから
日本にも勝つチャンスは相当あるに違いない。

 引き分け狙いというよりも、結果として引き分けになるかもしれないが、
高さと強さに対応出来れば十分に勝てるだろう。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/512-1f38e420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。