サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACLで見せたJリーグの実力

 ACLのグループリーグも5戦が終了してJリーグ勢4クラブのベスト8入り、
ガンバと名古屋の1位通過が決定した。

 4クラブの戦いぶりを振り返れば、それぞれの特徴を良くも悪くも出して
実力通りの結果が出ていると思うがどうだろう。

 ガンバは昨年の経験が生かされており、アウェイの「FCソウル」戦に
内容では大苦戦したものの、他のゲームも含めて、非常な勝負強さを発揮
している。必ずしもベストメンバーではないし、コンディション的にも苦しい中
での立派な戦いぶりである。昨年から続いているのが、ACLにおける
西野采配の好調ぶり、当たりまくりである。

 名古屋は、ACL初出場にも関わらず実によく戦っている。ベテランから
若手まで、モチベーションの高さは目覚ましく、少し心配なのが、リーグ戦の
方に、悪影響が出てしまってるのではなかろうか。

 鹿島は、初戦のアウエイの「水原」戦で、信じられないほどの不本意かつ不本意なサッカーで失望させたが、残りのゲームは「試合巧者ぶり」を
見せつけて、キッチリと勝っている。

 川崎はJリーグ戦と同様、本当に不安定な内容のゲームの連続で、勝てる
はずの相手なのに、思わぬ取りこぼしや苦戦が目に付く。選手のメンタル面
に問題があるのか、戦術的なものなのか、監督の采配なのか、原因を明らか
にしないと、この路線が続く限り、毎回このような展開を繰り返す事になる。

 鹿島と川崎の1位通過を期待したい。そして、さらに
参加した日本勢4クラブが全て、1位通過するだけでなく、準決勝の対戦カード
は、日本勢の直接対決という展開になるように望む。

ここまでで判ったのはJリーグは、レベルが高い事、それに対して、まともに
戦えるのは韓国だけだ。中国はプレーの荒さが自滅につながっているし、
、審判が公正なジャッジをしていれば、もっと厳しい結果になってるはずだ。




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/521-f6bed0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。