サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリンカップ2009・対チリ戦

 キリンカップの対チリ戦は、内容と結果いずれも合格点を付けて良いだろう。
4対0という結果になったのは、戦力差だけでなくゲーム運びとか戦術という
要素が強かった。

 もしチリが、アジアのチームのように、初めからガチガチに守備を固めるか、
中盤で潰し合いを仕掛けて、攻撃に重点を置かない戦い方を選択していたら、
日本は、もっと苦戦しただろうし、チャンスの数も激減した可能性がある。

 チリの戦術的なミスとして、前掛かりになってしまい、日本の速攻に対応
出来なかった事をあげたい。
 また、采配ミスとして、守備陣のアバウトさを指摘したい。日本の選手個々
の特徴や攻撃パターンを把握していなかったのは明らかで、DFは3BKと
4BKが中途半端で、マークの受け渡しもカバーもでたらめ、岡崎と本田には
無抵抗に近い惨状で、面白いようにやられ放題だった。

 チリから見たら、何も出来ないうちに90分間が過ぎてしまったという事だ。

チリが主力は2人だけだったという事で、割り引いて評価をするべきかもしれ
ないが、過去に来日した「主力の掛けた2流3流の外国代表チームよりは
まともで、個人技を中心に観るべきものはあり、酷評するほどではない。

相対的な比較をする前に、日本の選手のコンディションとチームコンセプト
の理解、それに若手の積極性、さらに控え選手のテストという4点では、
非常に大きな成果があった事を素直に認めるべきであろう。

日本もベストメンバーではなかったし、初めての組み合わせで臨んだ事、
等を考慮すれば、ネガティブ志向で評価する必要はないと考える。

本田は、特に前半は王様だった。格の違いを感じさせるほどのプレーで
右が俊輔ならば、左は本田の組み合わせを観たいと思った人も多かったと思う。
積極的にSHを狙うのとSHの正確性の点では、本田の方が上だ。
 18歳で初代表の山田直は、落ちついていたし、状況判断が速くて適切だ。
これは周りが見えている証拠で、パスを出すコースとタイミングも良かった。
パスの強弱が上手くいかなかったが、これは大した問題ではない。なぜなら、
時間と経験が解決してくれる事で、それも長期間を要しない課題だから。

若手新人が周りに使われて一生懸命ひたむきに頑張りましたというのは、
よくある事だから驚かなくても良いが、山田は、周りを使ったり、活かそうと
試みるなんてのは大器の証拠で、非常に素晴らしかったと評価したい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/526-db9142bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。