サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010・南アW杯予選・対オーストラリア戦(アウェイ)

W杯アジア最終予選の最終戦、対オーストラリア戦が終わった。

トゥーリオは素晴らしかった。中沢の分まで二人分頑張ったように思う。
MF陣は主力メンバーが外れたので、思うようなパス回しが出来ずに、
チャンスの数も少なかったけども、オーストラリアもベストメンバーでは
無かったのを考慮すれば、内容的には互角だったと見て良いだろう。

 課題は、やはりCBだ。中澤が欠場したのは残念だったが、課題を
浮き彫りにするという点では、むしろ幸いだったと思う。失点場面では
確かにファウルを与えたり、CKに繋がるミスを犯したのは問題だが、
阿部がマークを振り切られたり、反応が遅れたのは言い訳にならない。

なぜかというと、阿部はアテネ五輪の代表だった時にも、テストマッチで、
セットプレーの際に、自分が担当した選手のマークが甘かったり、
競り負けて、何度か失点してる。

根本的に守備の人間ではないように感じるので、セットプレーでマークする
相手を決める時には、敏捷性のある選手は避けるべきではないか。


もしオーストラリアにセルジオ越後みたいな評論家が居たら、今日の
ゲームを観てこんな風に ≪辛口解説≫ してたかも知れないな。

 日本は中澤が欠場していたし、阿部は本来ボランチの人間なんだから、
両チームの高さとフィジカルの差を考えたら、セットプレーから2点取っても
喜んでばかりもいられない。それより、流れの中で得点出来なかったのは
問題じゃないか。

 それに日本は「中村俊輔」「遠藤」「長谷部」「大久保」と出てない。
いわば、中盤から前は2軍みたいなものなのに、あれだけボールを支配
されて互格の展開になるなんて、実に情けない。後半なんかプレスが
掛らなくて、前と後ろが間延びしちゃってた。彼らが揃ってたら完敗かも。
これじゃ~W杯では、グループリーグ全敗を覚悟した方が良いよ。

逆転勝利に水を差す。何でもマイナス思考の揚げ足取り。
ただ悪く解釈してるだけで、いくらでも納得出来ない点を指摘できる。
オーストラリアには、そんな評論家は居るのだろうか?
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/533-57fb81c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。