サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグはフロントの責任は重大だ

 大分のシャムスカ・柏の高橋真一郎・二人の監督の解任が現実のものに
なりつつあるが、現状の成績ではやむを得ないだろう。

 シャムスカは、これがブラジルだったならば、とっくの昔に解任されてる
はずだから、本人も充分に覚悟をしていなければおかしいし、監督として
もう一段上のレベルに成長する為には、良い経験になったはずだ。

ナビスコのタイトルを獲って、リーグ戦の成績も良かったのに、層の薄さを
埋める補強をせずに、負傷者続出という惨状の中での采配が思うように
行かなかったのがすべてだが、今後の指導者人生において、どのように
采配に活かす事が出来るのが頭の良い人物だと思う。

 むしろ驚くべきは、大分のフロントがここまで解任せずに任せた事だ。
J2降格という事態になった場合は、引き延ばしたフロントの責任は絶対に
問われなければならない。
 
 こういう事を続けていたら、Jクラブがブラジル人監督にはなめられてしまう。

 高橋真一郎の場合は、初めから全く期待していなかったので、この結果も
当然かと思うだけだ。現役時代は、技術レベルは高くないが、カウンターの
チーム戦術とマッチしたプレースタイルで、相手のスペースを見つけて走り込み
得点する選手だった。

 国際試合では通用しそうもないが、国内レベルでは得点出来るという
【 ワールドクラス 】とは程遠く、【インターナショナルレベル】でもなく、
いわゆる≪国内リーグレベル≫では、高い評価を得られる典型的な例といえる。
現在のJリーグでいうと国内では得点するが代表戦では活躍出来ない
「佐藤寿人」に共通するものを感じる。

Jリーグでの監督として、どれだけやれるかは、まだ未知数だったのではないか。
そういう点では、厳しい役割を与えたのではないかと思うが、前節のゲーム後の
サポーターに対する暴言は、非常に拙かったと断言する。
どんなに悔しくても「辞めてやる!」等と言い返すべきではないだろう。このような
暴言が出るのは残念だが、これも含めてフロントの責任もまた逃れられない。

 GMの存在、そして人材育成の重要性が一掃問われてくるのではないか。
 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/536-6689b786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。