サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010W杯を日本サッカーはどう戦うかの考え方

 2010年大会をどう戦うかを考える上で重要なのは、それは監督が決める
事であって、他のサッカー関係者やマスコミ関係者の意見や理想とは、
必ずしも一致しないし、また一致させる必要もないという事だ。

 だから、監督以外の人物が論じる場合は、「どう戦うか」ではなくて、

「どうやって戦って欲しいか」 「どう戦うか予想する」 「自分ならどうするか」

といったテーマで論じるべきである。そうしないと現実とかけ離れた議論が
展開されてしまい、全く無意味な内容の議論になってしまう。
 日本サッカーはどう戦うかで論じたければ「岡田監督」か「強化責任者の原」
のどちらかが出席して議論するべきだ。

 岡田のここまでの采配や持論から予測すれば、それは、日本人の特徴を
出したスタイルで、ベスト4を目指すと目標設定したのを参考にすれば良い。

キーワードは 「組織」 「運動量」 「勤勉性」 「素早さ」であろう。

現在の代表チームのサッカーで、その特徴は明らかで、後は、来年の本大会
までに、どれだけレベルアップするか、選手層を厚く出来るか、そして期待値
として、急激にレベルアップする若手や中堅が現れるか、それでおおよその
戦力も戦い方のベースも決まってくる。

それは面白いサッカー、良いサッカーを追及するという事ではないし、また、
そういうサッカーをしたからといってベスト4に入るとは限らない。
過去の大会に限らず、サッカーでは、
≪面白いとか、楽しいとか、良いサッカー≫をした事と、
【 成績は正比例しない事が多い】



ベスト4に入る為に一番大切な事は何かといえば、
≪勝つサッカーをする事≫である。
≪勝つサッカー = 面白いサッカー・良いサッカー≫ではないのが
現実で、良いサッカーを行う事が、ベスト4進出の絶対条件ではない。

 
そして、戦力比較は相対的なものだから、その時々の対戦相手によって、
お互いの長所・短所は異なってくるし、勝負を決定づける要因も違ってくる。

 そこで次のように考える。
相手の長所をいかに消して、逆に自分たちの長所を出せるかどうか。
自分達が普段やっているサッカーで、それが可能ならば問題ないが、
上手く行かなかった時にどう対応するか、あるいは修正する力があるか。
それで、どのような結果になるか決まるだろう。


でも、今、自分がここで指摘した事って、W杯を何度も取材してるジャーナリスト
ならば、知ってて当たり前の事だと思うんだが、「良いサッカーをやってほしいし、
そうしないとベスト4には入れないなんて、ど素人観たいな事を言うアホは
居ないと確信してるけどどうだろう?」

 ハッキリ言って取材に行かせるだけ無駄だと思う。来年の南アには無駄な
取材記者が何人行くのかな。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/542-9a82fb2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。