サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥーリオ発言に注目したい

トゥーリオが吠えた。

 補強に関して、フロントと監督を批判した発言の内容自体は正論だと
思うし、今の浦和レッズのフロントに欠けている部分かもしれない。
 ただし、この発言を行ったのがトゥーリオだというのがかなり問題に
なってしまう。

「大好きな先輩の三都主が放出された」
「土台作りよりも、自分が現役の時に優勝したい」

以上の2点が根本にあるわけで、これはクラブの事よりも、要は、自分の
都合や希望を優先した発言だというのが判る。しかも、それがフロント批判
になってしまったために、今後一騒動起こる可能性がある。

 マスコミ、特にスポーツ紙の常として、このような場合は選手の側に付き、
監督やフロントを批判する論調の記事を掲載するようになる。

 Jリーグ誕生当時の読売ヴェルディの騒動を思い出そう。
ラモスの監督とフロント批判、その一連の騒動全般を、マスコミがどう報じた
かを参考にすれば理解できる。

 なぜ、そうなるかというと、クラブが激怒しても、この程度の事なら、
取材証の発行拒否とか、出入り禁止処分にはしないのが判ってるからだ。
逆に中心選手や影響力の強い選手のご機嫌を損ねて取材に応じてもらえ
なくなると、記事が書けなくなる。例えば、試合の翌日の記事を見れば凄く
ハッキリ判るはずで、試合の経過と、選手のコメントと感想や裏話によって
記事が構成されている場合が多く、これがスポーツ紙の記事の基本である。

 これでレッズが負け続けると、この発言による影響がドンドンと広がって、
選手とフロント相互の不信感が拡大する。結果的に、クラブ運営の主導権
をフロントではなくて選手が握ってしまうようになったら最悪で、権限や責任
の所在が明確で無くなっていき、最終的にクラブ経営が破綻をきたす。

 もしかしたら、シーズン終了後のオフには、浦和のフロントは重大な決断を
迫られるかもしれない。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/543-647c763b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。