サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴力サポーターには強硬に対処すべきだ

 千葉のサポーターが不祥事を起こしたが、無期限入場停止処分は当然だ。

対戦相手のサポーターを 「応援で使用する旗竿」 で突いたとされている。

 この無法行為に対して、Jリーグは、
Jリーグの定める統一禁止事項に該当する行為で、リーグの統一基準に
照らし合わせて処分を決めたとされているが、どうだろうか。

 今年に入って、各クラブのサポーターが対戦相手のサポーターや選手、
あるいは取材陣に対して、あちこちで暴力行為を働く不祥事が続いてるが、
何度も何度も繰り替えすと処分が重くなる方向に進んでも仕方がない。
ドンドン、規制が強化されて自由が制限されるのもやむを得ないだろう。

 相手にけがをさせたならば、無期限入場停止では済まない事を自覚してる
だろうか。暴行傷害で逮捕されるとか、会社や学校に知れてしまい、残念な
結果になることもあると考えてもらいたい。

たとえば、失業者、フリーターやニートなんかの場合、サポートしてるクラブの
サッカー観戦が最大の楽しみで心の支えという人もいると思う。自分が犯した
愚行で、それが奪われてしまったらと思ったら、行動を控えるべきだ。

そこで提案したい。

 暴力行為を犯した者は、公式戦だけではなくて、親善試合はもちろん、
クラブの練習の見学も選手への接近もすべて禁止処分にしたほうが良い。
また、クラブやJリーグは被害者が「示談で解決しないで」 「告訴する」
方向に行くように、指導、要望しても良いだろうし弁護士の紹介も行う。

リーグの統一基準を改定して、さらに厳しく過酷な内容にしよう。

そろそろ、サポーターが問題を起こしたクラブの
「勝ち点はく奪」
「下部リーグへの降格」
 「次シーズンでのホームゲーム開催剥奪」
ゲームの運営に支障をきたした場合の 「サポーターへの損害賠償訴訟」
「及び、刑事と民事での告訴」

そういった荒療治が必要な時期に来たのかもしれない。







スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/550-45e2004c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。