サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ遠征・対ガーナ戦に関して

 オランダ遠征の第2戦目、対ガーナ戦は4-3で予想外の逆転勝利を
収めたが、内容的にはオランダ戦よりも悪かった。特に失点場面は、本当に
目を覆いたくなるような無様な形で、これは早急に対応策を立てる必要が
ある。

 1点目の「長友」の愚かで軽率なプレーによるPKは、本当に頭が
痛くなった。右手を上げるという紛らわしい行為を行う必要があったのか?

 2点目、GKからのロングボール一発で「中沢」が相手CFに鮮やかに身体を
反転させて入れ替わられる。
 3点目もやはりGKからのボールを中沢が競り負けて、DFラインの裏へ
出された時点で、完全にアウトの状態。

 あのような形で点を取れるなんて、取った方は笑いが止まらないだろう。
このような単純な失点パターンを露呈するのは非常に好ましくないと
思うべきで、このゲームのDVDを日本対策の参考資料に使われたら、
対戦相手は、単純な縦1本のロングパスでも得点チャンスが出来ると
いうつもりでゲームに臨んでくるから、例えリードしていても楽観できない。

W杯の本大会では、フィジカルが強くて身体能力が高い相手との対戦では
日本の決定的な弱点であり、致命傷となる危険性がある。

 ガーナが、75分過ぎからは消耗してしまい、完全に動きが止まった所を
ついて4得点できたが、あまり過大評価しない方が賢明と考える。よく考えて
ほしい。W杯予選を勝ち抜き出場権を獲得したゲームを行った後の対戦で、
おそらくガーナの選手たちは「目標を達成して、ほっと一息ついて緊張感が
解れた状態で、しかも疲労蓄積だろうから、集中力も精神力も必ずしも
ベストだったとは思えないし、それらの影響で動けなくなったのだ。

 辛口なものの見方をすれば、3-1になった時点で、まともなゲームは
終わったといえるのではないか。

なお、ガーナのメンバーチェンジに関して言えば、後半の立ち上がりに
一度に4人入れ替えた影響を考えがちだが、厳しいゲームの後で、
心身ともに消耗していたのだから、4人入れ替えは当たり前の事で、
むしろ、後半「「10・アッピア」「14・アモア」が入った方が中盤からの
パス回しは良くなったのだから、マイナス評価は適切ではない。

 それにしても「岩政」はまたまた使わなかったけど、これじゃ~DF陣の
課題は、何も手をつけていないという事になる。本当に、岡田は何を
考えているのだろうか?

 
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/552-0e2363b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。