サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島対川崎中止問題に関して

 鹿島対川崎戦が【岡田の判断によって】中止された件が問題となっているが

 ゲームの進行と判定を審判に委ねている以上、その時の状況で適切と判断
したならば、中止か続行かの判断は審判の意思が重要なものとなるから、
岡田が中止すべきと判断したならば、それを受け入れざるを得ないと思う。

 というのが、一般的というかサッカー的な判断だと思うが、今回の判断に
ついては、果たして適切なものだったかどうかに疑問符が付き問題に発展
する展開になっている。

 サッカーは雨降りでも行うというのが常識だが、「雷」により選手が危険な状態
になると思われた場合に限り中止か延期という判断は理解できるが、豪雨でも、
ゲームに支障がなければ続行するのが適切な判断ではなかろうか。

 たとえば、スタジアムやテレビで観ていた人が、選手が負傷しそうで危険と
感じたシーンが続出したのだろうか?あるいは、両クラブの関係者や選手から
危険だから中断して欲しいという要望があったのだろうか?

Jリーグが誕生する以前には、芝生は生えそろってなくて土が露出して、
ピッチは荒れていてデコボコ、照明はもっと暗かったし、選手だって今よりも
鍛えられていない身体だったが、酷い豪雨でもゲームは行っていた。

昔よりも、はるかに恵まれたサッカー環境の中で行われているのにも関らず、
ゲームが出来ないとか、選手に負傷の危険があったという状態が、自分には
よく理解できない。

あくまでも岡田主審の判断に過ぎないならば、納得できるような説明が行われる
べきであって、その場合はゲームのDVDを見ながらの詳細な解説が必要だ。
そして、その説明が要領を得ないとか、意味不明の場合には岡田氏の精神鑑定
を行う必要があるかも知れないし、そうでなくても静養期間を与えるべきだろう。


 明日のJリーグ理事会で、どのような結論が出るか判らないが、自分は、
両クラブの合意の上で、3-1で川崎の勝利とするか、中断した時点からの
再開の、いずれかで結審するのが妥当だと思う。


 もっとも、拙いのが「全て無効として改めて初めから再試合」を行う事では
ないだろうか。ルールや規約を順守するのは大切だが、今回のように、
ゲーム内容や選手の行為や、ジャッジの是非ではなくて、運営に関する事項で、
明らかに適切性を欠いていると疑問符が付く場合には、杓子定規に決定するのは
愚かな事だ。

もし、これで初めから再試合という結論が出た場合には、

【非常に悪い前例を作ってしまう】事になる。

 ホームのクラブがリードされている展開で、豪雨になったならば、
今回の鹿島対川崎の一件を例に出して、堂々と審判団とマッチコミッサリーに
対して【中止】の要求を行う事もあり得るだろう。

さらに、もっと問題となるのは、「選手や監督、サポーターの間には審判不信が
根強く焼き付いてしまう事だ」しかもそれは、川崎だけではなくて他の全ての
Jクラブにも共通の認識となるのは確実と思われる。




スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/554-0b639493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。