サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれ変わる東京ヴェルディに強く望む

 日本テレビが完全撤退した東京Ⅴだが、新会社への譲渡がとりあえずは、
理事会で承認されたが、まだまだ先行きは不透明だ。

 びっくりした人も多かったと思うのだが、J1所属の2008年度の人件費が
26億円で、Jリーグ1位だったという数字だ。フリューゲルスが解散、合併した
時に、≪身の丈に合った運営≫という理念が当たり前のように語られたが、
読売は、2008年度の時点でも、人件費を湯水のように使っていた事になる。
あの当時、読売のフロントは「チームが強くなり、スター選手が出れば、人気が
出て観客は増える」といったような趣旨の発言をされていたが、J2に降格して
それとは全く正反対の方向に進んだわけだ。
 
 これは幹部の経営責任が問われるべきで、収支決算を顧慮せずに、
日本テレビの補填を初めから計算に入れて予算を組み、運営していたとしか
思えない。

 J2に降格した時に、ラモス監督の下になりふり構わず大型補強を行った
ツケが回ってきたのが判る。経営基盤を構築するとか、地域に密着する
のではなくて、人件費を使って補強してJ2に降格してからは大量解雇か。

 このような放漫経営を行ってきた企業が撤退するのは、サッカー界にとって
、むしろ良い事ではなかろうか。もし来年度の運営に必要なスポンサー収入が
確保出来なければ、JFLに降格して健全なクラブ運営に着手するチャンスと
思えば良いだけだ。

 もし、来シーズンもJ2の一員として参加できるならば、
【キチガイのようにJ1昇格に執着し何億もつぎ込んで、ブラジル人や
元日本代表選手をかき集める愚行を繰り返さない事を望む】

今後は強化スタッフや、運営スタッフにも、単純にクラブOBや人気のある
スター選手だった人材を配置するのではなくて、売名行為や金儲けや、
名誉欲を満足させるために乗り込んでくる者は断固排除して、
本当に読売クラブ育ちでクラブを愛している人物を重宝した方が良い。

ま~もっとも、強化資金の少ないクラブには、亡者のようなOBは
出しゃばらないだろうな。

強化資金の豊富な浦和レッズの監督になりたいなんて言い出すんじゃないか。

浦和サポーターの皆さんは賢いから、とっくに正体を見抜いてると思うが、
我がまま自分勝手な読売OBのブラジル人を監督にしちゃいけないよ。  

スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/555-4ef5739e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。