サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯の改革について

犬飼会長が天皇杯の2回戦、アマとJクラブの対戦を将来的には、アマ側の
ホームで行いたいという意向を表明したが、これはぜひとも早い時期に実施
してもらいたい。

 天皇杯の改革で重要なのは、全試合ベストメンバーで臨む事ではなくて、
地域大会から勝ち上がってきた下部のクラブのホームでゲームを行う事
である。本来ならばホーム&アウエーで行うのが理想なのだが、日程的な
問題で不可能ならば、下から勝ち上がったクラブの地元でやった方が、
地域の振興につながる。

 問題点は、会場と運営スタッフの確保で、たとえば、JFL、地域リーグ等に
所属しているクラブは、常日頃からの経験があるから、なんとかなるだろうが、
都道府県リーグや高校が出てきた場合は、スムーズに運営できるか不安だ。
所轄の協会が全面的に関る事になると思われるが、Jクラブを迎えての公式戦
となると、過去の試合開催実績と経験がある地域を除いては心配だ。

 自前のスタジアムを所有していないから、公共の施設を使用せざるをえない。
9月下旬から11月は、各種スポーツイベントが行われるだろうから競争になる。
公式戦が開催できる会場は≪天皇杯で勝ち進むという前提で≫あらかじめ確保
しておけないものか。そして県代表のチームの試合結果に対応して、その都度
別のイベントと入れ替えるという用意をしておけば、なんとかなるかもしれない。
ある意味、都道府県協会の力量が問われる事になる。

犬飼会長は、天皇杯でのジャイアントキリングを期待しているようだが、本当に
望んでいるならば、早急に改革を実行してほしい。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/557-f950e771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。