サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリノス監督に木村和司就任について

 マリノスの監督に「木村和司」が就任したが、どうなる事か。
指導者としての実績が全くないのが気掛りで、やってみないと判らない。

 解説者としての木村和司を自分はあまり高く評価していない。
解説者になった当時は、ただ現役時代の経験を元に喋っているだけで、
理論的には、何も有益な物や独自の物を持っているようには見えず、
毎度の決まり文句である「感じてませんね~」という発言からは、
ピッチで起こった事を説明する【ボキャブラリーの貧困さ】を象徴している
ようにしか思えなかった。

 長谷川健太の解説も初期の頃はお粗末で、音声を消して観るべきと
思ったが、場数を重ねるに連れて聞くに堪えるようになったように、
木村和司も少し改善の跡が見られたが、学習の成果というよりも、
これまた経験の成果としか思えなかったから、解説者の頃を基準にして
想像したら、采配に非常に不安を感じる。

 単に「ミスターマリノス」だったという理由で監督に添えるという人事は
納得できないし、典型的な現役時代の栄光に期待するやり方で、
正直言って好ましい事だと思えないのだが、これから先は木村和司の
腕の見せ所というわけだ。

 上手くいけば「感覚を活かした采配が的中」という可能性もあるので、
そういう結果が出れば今回の人事も大成功で終わるのだが。

それと「木村浩吉」解雇は当然の事で、これまた監督としての実績が
全く無いのだから、監督にした時点で間違っていたといえよう。
あの不安定で一貫性の無い采配では、選手が付いて行くのが大変だった
のではなかろうか。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/577-4b0fa275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。