サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉のJ2降格に関して

 ついに千葉がJ2に降格したが、来るべきものが来たという事だ。
J2降格候補になっても、終盤の驚異的な粘りで残留してきたが、
その苦しい体験があまり役に立たなかったと思われても仕方が
無いだろう。

  ちょっと考えてみれば、例えば、山形のような地方の弱小クラブが
J1にやっと昇格したから残留が目標というのと、千葉を一緒にしては
いけないと思う。オシムを引き抜かれて主力選手も次々と放出し、
その埋め合わせの補強も行わず、一体、このクラブの強化方針と
Jリーグに参加する目的は何処にあるのかと疑わざるを得ない。

 J1の監督としての実績どころか経験が全くない「江尻」を任命して
以来、ここまでリーグ戦は勝ち星無しの惨状にも関らず、来期も継続。
自分は役に経たないGMも含めて、フロントに任命責任があると思う。

神戸を責任者に迎えて、早速ユース部門のスタッフの整理に着手した
のは好意的に評価したいが、江尻体制は本当に不安しか感じない。
J2経験のある人材を外部から招聘するべきではないか。

鳥栖と契約が切れた「岸野」を候補に挙げたいがどうだろう。

 来シーズンはJ2で、そのいい加減な経営が招いたツケを払うのだが、
現時点で、総合力は上位にあるのは確実だが、過酷なスケジュールと
カウンター狙いのスタイルが多いJ2を1シーズン乗り切れるかが不安だ。

前身の古河電工は、皆さんご承知のように、日本サッカー界の盟主
として君臨してきた。川淵以降、早稲田閥が話題になっているが、
丸の内グループの中でも、古河電工OBが、サッカー界の要職を占め、
動かしてきたのだ。

 したがって、【名門】というより【盟主だった】と表現するべきである。
この点は強く指摘しておきたい。なぜならば、「独裁者・川淵」を生んだ
背景の根幹があるからだ。
 サッカー界の盟主は、日本リーグ創設当初から現在に至るまで、
スポーツ紙や夕刊紙が狂ったように名指しして反感を煽った
≪読売グループではなくて、丸の内グループ・特に古河電工なのだ≫

 それにしても、オシムを引き抜いて弱体化の要因を作った川淵元大尉が
OB面して「千葉」の強化や育成に関して苦言や要望を言う資格があるか。
自分には、恥知らずな言動としか受け取れない。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/578-3fe734b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。