サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーコ激怒する必要なし

 6月のW杯本大会では、テクニカルエリアには1人しか入れない事になった。
 それに対して、ジーコが激怒したと伝えられているが、明らかな過剰反応といいたい。川淵会長は、前回も直前になって認められたので、今後もしぶとく交渉する意向らしい。
 
ジーコ自身も言ってる通り、あまり前へ出て行って指示を事細かく出すタイプの監督ではない。
 また、ゲーム中の選手は、一般的にテンションが高く、興奮状態なのだから、そんな状態の選手に多くの指示を出しても、まともに伝わるかは疑問であり、要点を判りやすく端的に伝えればよい。
 
 それと、ピッチ上には「三都主」が居るのだから、彼に伝えればよい。あれだけ守備がお粗末で、チームの足を引っ張っているのに、スタメンフル出場させてもらっているのだから、そういう役目も積極的に受け持ってもらえばよいのだ。
 後は、メンバーチェンジの時に代わりに入る選手に伝言を託せば良いだけだ。

 そもそも、≪ 選手の判断力に任せる ≫ とか 
≪ 実際にプレーするのは選手達だ ≫等と、
言ってたのは誰だったか忘れてしまったのだろうか。

 したがって、大変なハンディをこうむったと悲観的な見方をする必要は無い事が判ったと思う。

 前回は日韓共催で、日本は地元という特権があったら、FIFAが融通を利かせてくれたわけで、毎回、そのような例外的な措置を期待してはいけない。
スポンサーサイト

テーマ:FIFA World Cup - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/58-c300eba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。